このブログは日常を書き綴ったり怪獣紹介をしたりQMAで単独正解したことを自慢したりするするやりたい放題のブログです。
by suisei-kyouryu
カテゴリ
全体
日常
ウルトラ怪獣
注意
東映モノ
自己紹介
俺の趣味、嗜好大全(稀に更新)
夢日記
大映怪獣
東宝怪獣
映画感想
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2015年 03月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
怪獣ブログ
水増せ!明るい家族計画!?
LET‘S GO TO ...
クロマニョン~~
最新のコメント
>ガメラックマ様 ..
by 彗星恐竜 at 13:07
ブログ主、死んじゃったの..
by ガメラックマ at 04:35
>スカイライダー・クウガ..
by 彗星恐竜 at 17:32
ジャラジがかわいそうでし..
by スカイライダー・クウガ大好き at 15:32
>pon様 お読み..
by 彗星恐竜 at 16:06
こんばんは彗星恐竜さん「..
by pon at 22:06
>ざんぶろんぞ様 ..
by 彗星恐竜 at 15:51
某模型掲示板で「まどかと..
by ざんぶろんぞ at 19:28
>pon様 個人的..
by 彗星恐竜 at 15:06
マナー映像が良かったので..
by pon at 19:44
最新のトラックバック
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
建国記念の日
from YUK'sblog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


マクー×ザンギャック

こういう風に書くとカップリングみたいだ。

というわけで『ゴーカイジャーvsギャバン』を見てきました。

感想はMoreで

More
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-01-22 20:03 | 映画感想 | Trackback | Comments(0)

年明けオケーション

いやー歌った歌った。

曲リスト:『君が代』 『Anything goes』(×1.5) 『コネクト』(×1.5)
『ああ、電子戦隊デンジマン』 『大戦隊ゴーグルファイブ』 『超新星フラッシュマン』
『超獣戦隊ライブマン』 『鳥人戦隊ジェットマン』 『シークレット・カクレンジャー』
『暴走戦隊ゾクレンジャー』 『救急戦隊ゴーゴーファイブ』 
『~JIKU~未来戦隊タイムレンジャー』
『デカレンジャーアクション』 『戦隊怪人 悪役ゲッター』
『ウルトラマンレオ』 『Lovin'me Lovin'you』 『ウルトラマンマックス』
『Time judged all』 『宇宙刑事ギャバン』 『君の青春は輝いているか』
『機動刑事ジバン』 『Magia』 『月光仮面は誰でしょう』
『Polyanna~I believe in you~』

覚えてるだけでもこれだけ。でも絶対他にも何か歌ってる。
目新しいものを挙げるなら串田とマギカと月光仮面。
それにしても異様な戦隊率の高さ。














それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-01-07 22:36 | Trackback | Comments(4)

サラマンデス

c0139460_19193362.jpg
c0139460_19321129.jpg
c0139460_19322380.jpg
c0139460_19394696.jpg
c0139460_19405241.jpg
c0139460_19422659.jpg
c0139460_19423461.jpg


ハッピーニューイヤー!
笑ってはいけないを見ながら更新しております彗星恐竜です。
今年は辰年ということで、持ちうる限りの龍怪獣または怪人を紹介したいと思います。
その第1弾として、『救急戦隊ゴーゴーファイブ』に登場した災魔一族の
龍皇子サラマンデスを紹介します。

画像は1枚目がサラマンデス全身図。
2枚目が顔。
3枚目が幼少時の童鬼ドロップ。
4枚目が幽魔王サラマンデス。
5枚目が幽魔王の顔。
6枚目が幽魔王の胸の冥王の星。
7枚目が空飛ぶ幽魔王。あまりにカッコよかったので。

彼は赤子の頃から童鬼ドロップとして、災魔四兄弟の末っ子として
作戦を立案(「ドロップー」としか喋れないため執事のピエールが通訳する)、
火属性のサイマ獣を操る。
第15話にて初出撃。ゴーピンクに「可愛い」と評されたが
念力や火炎攻撃といった凶悪な能力で(グリーンを除く)ゴーゴーファイブを蹂躙したかと思うと
不覚にもおもらしをしてしまい攻撃を中断。
執事のピエールがその処理をしている間にサイマ獣が倒されてしまうという失態。

長兄のジルフィーザが22話にて死ぬと、彼の冥王の星を受け継ぎ繭となり
26話で龍皇子サラマンデスとして覚醒。その前にパイロキネシスの能力を持つ
少年の姿で放浪してゴーゴーファイブに保護されたりした。

当初は兄や姉に従順な弟を演じていたが、第30話の作戦が失敗したことによって
兄や姉にボロクソ言われたため本性が爆発。
普通に馬鹿にしたり、作戦の妨害を企んだりする。
そして39話にてピエールの家宝の無間連鎖カードを組み込んだサイマ獣で
ゴーゴーファイブを後一歩まで追い詰めるも失敗。
母の大魔女グランディーヌにボロクソ言われて、兄や姉にも罵倒され
ゴーゴーファイブへの憎しみを燃やす。

そして42話でピエールから幽魔地獄の鍵をもらい
幽界衛兵災魔カオスと共に、ゴーゴーファイブを
サイマ獣の魂が集う幽魔地獄へ引きずり込むも
カオスが持つ幽魔災魔を操る杖を破壊されてしまい、
幽魔地獄を脱出しようとするが、グランディーヌに鍵を破壊され
そのまま地獄に閉じ込められる。
何故か「これも全て
ゴーゴーファイブのせいだ」とぬかし

ゴーゴーファイブへの憎しみをいっそう強める。
43話でピエールのアドバイスにより、幽魔災魔を食らい
幽魔王サラマンデスへと変貌。カオスと共に幽魔地獄を脱出し、
更なる力を求める。そこでピエールが幽魔ツリーの術を使い
人間の生命エネルギーをサラマンデスに分け与える。
どんどん強くなり調子に乗って「俺は今、大魔女グランディーヌさえも超えたのだ!」とぬかす。
エネルギーを吸収しまくった結果巨大化。何故かカオスも巨大化して大暴れ。
ライナーボーイを刺したり、ビクトリーロボのブレイバーソードとやりたい放題。
そこに超巨大ロボグランドライナーが加勢。タックルされた上に
グランドファイヤーをぶちこまれそうになるが、カオスに決死の覚悟で庇われる。
そこで幽魔ツリーからさらにエネルギーをもらい、羽からなんか凄い衝撃波を出して
グランドライナーを撃退。そこにビクトリーマーズが加勢、ビクトリーロボが
ライナーボーイと合体してマックスビクトリーロボとなるも
相変わらずなんか凄い衝撃波で圧倒。だが幽魔ツリーからエネルギーの供給が途絶え
一気に劣勢に。マックスビクトリーロボの砲撃を受けた上に、マーズフレアを受けて
幽魔王サラマンデスはついに滅ぶ。

しかし49話でグランディーヌによって復活。
人格が妙に小者臭くなっていたのは
たぶんグランディーヌの仕業。
意思を奪われた状態のジルフィーザをしもべとして引き連れて、盾にしたりするが
ゴーグリーンの一言によって、ジルフィーザが中途半端に意思を取り戻し
半ば錯乱状態(壊れたラジオみたいに「弟よ・・・弟よ・・・」と繰り返す)になったのでこれを始末。
その後グリーンとブルーに出力がどうかしてるとしか思えないゴーブラスターをぶっぱなされる。
そこで大魔女グランディーヌによって、ジルフィーザと共に最強の破壊獣へと姿を変え
サラマンデスの意思は完全に滅びたのでした。

ドロップ時の主な能力は、念動力と火炎放射。
サラマンデス時には槍を使うようになる。
幽魔王時には尻尾で敵を叩きのめしたり、剣を溶かしたり
空を飛びまわったり羽からなんか凄い衝撃波を出したりする。

このお美しい顔に緑川光氏の美声が加わり、龍皇子の名に
相応しいキャラクターになっております。
49話のときのサラマンデスには
ブレドランに似た何かを感じたけど。
声の上ずり具合とか丁度そんな感じ。
あ、俺的には彼はあくまで「龍皇子」であり「龍冥王」ではなかったり。
彼には皇子という肩書きこそ相応しいと思うの。















それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-01-01 00:00 | 東映モノ | Trackback | Comments(0)

MOVIE大戦MEGAMAX

俺たちメガ!メガ!メガー♪
アレ?なんか違った?
というわけで見てきました『MOVIE大戦』。
ここ数年期待しては裏切られの連続だったので
いっそのこと何も期待せずに見てみたらと思い、実践してみた結果
かなり楽しく見ることが出来ました。
あとネタバレをほぼシャットアウトしたのも功を奏したか。

感想は後述

以下ネタバレ
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2011-12-17 13:58 | 映画感想 | Trackback | Comments(2)

ジバンBLACKメガクレフラッシュ

現在視聴している東映特撮作品で
色々話が動いてきたので、まとめて感想。

『フラッシュマン』:ガルスーーーー!!
3幹部の中で一番好きだったレー・ガルスが
第28話でご臨終なさいました。
続いてレー・ワンダやレー・ネフェルが相次いで怪人体(妖獣士ワンダーラ、ネフェルーラ)を得る。
ワンダーラはともかく39話までのネフェルーラは
恐ろしい程俺のツボにはまらなかったよ。
どんなんかというと、遊園地で風船配ってそうな顔してた。
何故か第39話でかなり唐突にカッコよくなったけど。
大博士リー・ケフレンとサー・カウラーが対立。
36話より対立が本格化し、ケフレンの正体に関する伏線も引かれる。
そんな中で大帝ラー・デウスは
全く動かず。
28話で3幹部にキレたくらいで、その後は序盤のように改造生命の成果を楽しんでるのみ。
獣戦士では20話に登場したザ・ブルザス、22話に登場したザ・アルゴス、
31話に登場したザ・ゴステロが素晴らしい。
ゴステロはほぼ能無しだったけど。
あ、あと赤×黄あると思います。

『仮面ライダーBLACK』:シャドームーンの登場がカッコよすぎて
もう一目惚れ!
シャドームーン登場に伴い3神官が、大怪人へと変貌。
デザイン的には、大神官ではバラオムが1番好きだったけど
大怪人ではダロムの方かな。
大怪人バラオムには青い仮面っぽい顔と、機械っぽい手は残して欲しかったなぁ。
おでこ辺りに割れ残った仮面みたいのはあるんだけど。
怪人ではヤマアラシとかアネモネとかが秀逸。
コガネムシ怪人の回で泣いた。金を生み出すオオガネムシによって
家庭崩壊する家族の様とか、
分身のオオガネムシを殺されて、
悔しそうにするコガネムシ怪人とか。

あ、ビルゲニア?てっきり怪人体があるかと思ってたけど
そんなことはなかったぜ。

『ジバン』:ジバン死す(マジで)!!
しかし、基地の中にあった謎のコンピューターにより
恐ろしい力で敵を挟み潰すパワーブレイカーと
凶悪な音と共に敵を貫くニードリッカー、
そしてどんな敵をも一撃で滅殺するエネルギー弾を発射するオートデリンガーという
極悪3大装備を備え
パーフェクトジバンとして復活!

ニードリッカーの音がマジで怖い。40話見てみ。
クイーンコスモなる宇宙からの敵が登場。
ムーンパワーなる力で念動力を使ったり魔空空間を発生させたりとやりたい放題。
好きなバイオノイドはゾウノイド、ヤドカリノイド、パンサーノイド、カメノイド他多数。
ヤギノイドは何とかして救えなかったものだろうかと思えたが、
逆にチャンバラノイドは救われたバイオノイドだと思う。

『カクレンジャー』:ニンジャマン登場回から視聴。
在りし日のケイン・コスギを見ることが出来るぞ。
やっぱアレだね。
外国にかぶれた妖怪を見るのは
凄く楽しい。

カウボーイ見たいな格好したウシオニとか。
しかし顔出しの一般怪人(カラカサだったっけ?)がでるとはなぁ。

『メガレンジャー』:色々あったのでオーズ風に三つの出来事でまとめる。
1つ!ヒネラーの元にネジレジア本国からギレールが派遣される!
2つ!息子同然のユガンデをギレールがいいように利用されたので、ヒネラーがキレて
ギレールを怪物マッドギレールに変貌させる!
(マッドギレールは新ロボメガボイジャーに瞬殺される)
3つ!Dr.ヒネラーが邪電戦隊ネジレンジャーを作り出し、
メガレンジャーとジャビウス1世の抹殺を同時にたくらむ!

ギレールは主に複数のネジレ獣を使用する作戦を好んでいて
分かりやすくネジレジアのパワーアップが図られたと思います。
あと上の三つに書かなかったけど、ギレールの死後ネジレ獣に代わり
新型怪人サイコネジラーが登場。ロボットっぽくなっていて
こちらも分かりやすいパワーアップが図られている。
しかし何だ。サイコネジラーを作るときヒネラーが弾いているアレは
明らかに遺伝子シンセサイザーと
同種のものである。

いつ改造実験帝国と業務提携を結んでたんですか?
見始めた当初から、ケフレンとヒネラーはどこか被るものがあると感じていたが
いよいよ露骨に出してきたな。ヒネラーは間違いなくケフレンオマージュが入ってる。











それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2011-12-16 22:38 | Trackback | Comments(0)

クラゲノイド

c0139460_13291369.jpg


ザ・ガリブルに続く誰得怪人第2弾。
今週配信された『ジバン』で、バイオロンがジバンに対し
圧倒的大勝利をおさめた記念に
『機動刑事ジバン』第16話に登場したクラゲノイドを紹介します。

バイオロンとは(多分)バイオテクノロジーで生み出されたバイオノイドを使い
人間には不可能な犯罪を起こし、ひいては人類の堕落または殲滅を狙っている組織。
基本動物モチーフだが、第3話にしてドロノイドなんてのが登場してるあたり
厳密にする気はさらさら無かったようだ。

このクラゲノイドは完全に透明な姿になりたかったらしく、
透明人間になる薬を作るべく日夜研究に没頭する野呂博士の家に、
クラゲに化けて潜入する。野呂博士がひょんなことから透明人間になる薬を
偶然作り出し、実験しに外に出て行ったところで変身を解除。
クラゲノイドの姿となり、博士が置いていった透明薬を奪取、バイオロン基地に帰還。

透明薬を手に入れたクラゲノイドを、
首領のドクター・ギバが労い、透明薬を欲しがった理由を語りだす。
「この透明薬をこども達に飲ませたらどうなる?万引きや盗みなど思いのままだ!
透明人間になった子供たちに悪の心が芽生え、悪の楽しみが植えつけられる。
それが大人になったらどうなる?この世は泥棒だらけだ!ハッハッハッハ」
小さい、小さいぞギバ様。
ちなみに透明薬はバイオロンの技術でも作れないそうです。
ギバ様は透明薬を量産すべく、開発者の拉致をクラゲノイドに命じる。
あんたらで薬を解析した方が早い気がしますが。
「じゃあまずワシが」と言って透明薬を飲むクラゲノイド。
貴重なサンプル飲み干すな!

晴れて透明になったクラゲノイドは透明なのをいい事に
パトカーを持ち上げたり警察をフルボッコにする。
遊んでないで仕事しなさい。
その後同じく透明になっていたものの、息子の発想で包帯巻いたり服着たりして
なんとか透明状態から脱した野呂博士を拉致。
またしても透明なのをいい事に、追って来たジバンをフルボッコにする。
気を取り直して野呂博士を攫おうとするも、その息子が
クラゲノイド(がいると思われるところ)に着色スプレーをかけたところ
腕のみ可視化。更にジバンが攻撃すると全身可視化。
泡とか触手とかで健闘するも、触手を斬られてジバンエンドされてご臨終。

どうしよう。透明になったことと声が依田英助って事くらいしか覚えてないよ。
ジバンとの戦闘で、コンクリートを溶かしたり爆発したりする泡を出していたらしい。

「クラゲ怪人には(例えゴミ袋みたいなのでも)透明なパーツがあってしかるべし」という
謎の信条をもつ自分としてはあまり好ましくないクラゲノイド。
でも、バイオな感じがして凄くカッコいいのもまた事実。
うん、頭のかさのふちあたりに、透けていてヒラヒラしているものがあるっちゃあるんだけど。


ちなみに今週東映公式チャンネルで配信された『ジバン』は
幹部のジバンキラー・マッドガルボとバイオノイド・サイノイドが
宇宙生物の遺伝子でパワーアップし
ジバンを殺すという内容でした。
やったねバイオロン。邪魔者がいなくなるよ。
これからどうなるか来週が楽しみであります。














それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2011-11-26 14:14 | 東映モノ | Trackback | Comments(0)

一人カラオケ万歳

どうも、絶賛風邪っ引きの彗星恐竜です。
そんな体調不良の中、何を思ったか
学校帰りにカラオケに行ってきました。


曲リスト:『超新星フラッシュマン』(×2) 『戦隊怪人 悪役ゲッター』 
『超獣戦隊ライブマン』 『Magia』(TVサイズ) 『コネクト』 
『Long Long ago 20th century』 『鳥人戦隊ジェットマン』

例によって覚えてる奴だけ。
戦隊の曲多め。どう考えても『ゴーカイジャー』のレジェンド回に触発されてる。
『ライブマン』のOPとか、ボルトの人たちのことを思うと
歌ってるだけで泣きそうになるよ。
しかし、『フラッシュマン』のOPがあんなに難しいとは。










それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2011-10-21 17:20 | Trackback | Comments(2)

ザ・ガリブル

c0139460_1815694.jpg


いよいよ怪獣紹介でも、どのあたりに需要があるのか
俺にも分からない奴を
取り上げることになりましたが

そんなの全く気にしません。俺は。
『フラッシュマン』世代の方が来てくださることを信じて、
今日は『超新星フラッシュマン』第7話に登場した
改造実験帝国メス所属、獣戦士ザ・ガリブルを紹介します。
画像の画質かつてない程悪いのは、
you tubeの映像を撮影したためです。

改造実験帝国メスは生命豊かな星にやってきては
その星を実験場とし、獣戦士のような改造生物を作る組織である。
彼等が使役する獣戦士は、メスの最高幹部である大博士リー・ケフレンが
遺伝子シンセサイザーを用いて、様々な宇宙生物や地球の動物の遺伝子を
組み合わせて作る生命体。このザ・ガリブルにはカメレオンの皮膚組織が
使用されているという。ちなみに獣戦士は喋れない。


ザ・ガリブルは幹部レー・ワンダと共に、フラッシュマンの面々が遊びに来ていた
遊園地に襲来。フラッシュマンは変身し、お決まりの名乗りをかまし戦闘に突入するが
いつの間にか保護色で消えてるガリブル。神出鬼没の戦法でフラッシュマンを翻弄するが
たまたま飛んできた色とりどりの大量の風船が体にまとわりついた結果
皮膚の色素細胞が異常を起こし、保護色が使えなくなったので、
暗がりに逃げ込むガリブル。暗がりといっても、廃倉庫みたいなところだったので、
その暗さはたかが知れてると思いきや
何故かガリブルを全く
視認できないフラッシュマン。
どういうことだオイ・・・

フラッシュマンが退却。しばらくフラッシュマンはカメレオンについての勉強、
ブルーは一人でガリブル攻略のための風船を調達しに行くことになる。

しばらくして再登場。すっかり元に戻った保護色でフラッシュマンをまた翻弄するが
風船を持ったブルーが到着。色とりどりの風船をぶちまけられて
色素細胞に異常発生。時既に遅いと言うのに、風船を破壊する
ウルク&キルトや戦闘員ゾローが見ていて可笑しい。
その隙を突いてフラッシュマンは、ローリングバルカンで
ゾローごとガリブルを爆殺するも、ガリブルはワンダ様が呼んだクラーゲンにより巨大化。
舌を伸ばして、フラッシュキングを締め上げるが通用せず
フラッシュキングのレインボービームなる技で、色とりどりの光を浴びせられ
保護色を使う前に封じられ、、必殺のスーパーコズモスラッシュで
上半身が大爆発して果てましたとさ。


カメレオンの遺伝子を使用している割に、どう見てもシロイルカにしか見えないガリブル。
外見だけ考えれば、カメレオン的要素は長い舌くらいしかない。
だがそれがいい。きっとよく分からない宇宙生物の遺伝子が
組み込まれてるんだろうなとか、色々妄想できるじゃないですか。

獣戦士は本当に見ていて楽しい怪人(怪獣?)ですね。
なんというか、この獣的な外見が素晴らしいと思うんですよ。
メスについて語ることはといえば、大抵のことは
何個か下の記事で語っちゃってるので、そちらを参照されたし。

ちなみに『フラッシュマン』はまだ視聴途中。
これからどうなるか、楽しみであります。















それではまた次回。


追記:何個か下の記事で、言ってないことがあった。
サー・カウラー様マジシブイっす。
某ニコニコで「美中年」と呼ばれていた理由も頷ける。
しかし、まさか大教授ビアス様と役者が同じだったとはなぁ。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2011-10-06 18:43 | 東映モノ | Trackback | Comments(0)

超俺得生放送

昨日、いつも見てるニコニコ生放送にコメントで参加したら
いつの間にか特撮の話題で盛り上がってしまい、ビックリした。
あのリスナーの中で特撮に詳しい人なんて、そんなに多くないと思っていたので驚いた。
各々が子供の頃に見ていた特撮の名前なんかをコメントで挙げたりしていて
なんとも俺得な放送でした。
やっぱり世代を超えて愛されてるヒーローってスゲエなと思いました。

ここまでは、ウルトラマンといえば『ガイア』世代。
戦隊といえば『ゴーゴーファイブ』。
仮面ライダーといえば、
そもそも富山で放送してなかった。
そんな彗星恐竜がお送りしました。
ちなみに現在スカパーで『アギト』視聴中。
水のエルの外見が女に見えてしょうがねえ。










それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2011-10-02 13:57 | Trackback | Comments(2)

土・産・自・慢

c0139460_18443538.jpg


いきなり何事だと思われる方は、下の記事を参照されたし。
今日は東京で勝ってきたものを、
ひたすら自慢したいと思います。

c0139460_18331997.jpg


中野ブロードウェイで購入した
『仮面ライダー怪人列伝~1号 2号 V3編』と『ウルトラマンと正義の話をしよう』。
ウルトラマンの本が中々面白くて、是非とも普通の趣味をお持ちの方にも
読んでいただきたいほどです。
この本で初めて『ウルトラマンガイア』のツチケラのストーリーを初めて知ったんだが、
あらすじ読んでるだけでボロ泣きした。
『仮面ライダー怪人列伝』も、怪人好きとしては凄くお気に入り。
平成編とかあるんだろうか。

c0139460_1838463.jpg


秋葉原のゲーマーズで購入した『まどマギ』プレート2種。さやかプレートは完全に俺の趣味。
剣とマントと怪獣化は男の憧れだと思うんだ。
え?違う?特に最後が?
QBプレートは兄貴に見せたら爆笑された。
しかしこのQBの一流商人みたいな風格は一体何だろうね。

c0139460_18444922.jpg


サンシャイン水族館で購入した鮫の歯のストラップとクリオネ人形(捕食形態)。
牙って奴はなんとも中二病スピリットをくすぐってくれると思うんだ。
クリオネ人形は、水族館にあったガチャポンで手に入れたが
2回やって2回ともコレが出たんだ。
確かにコレが本命だったけど、そこまで上手くいくと
今後凄い不幸がくるんじゃないかと心配になる。

c0139460_18485479.jpg


中野ブロードウェイで購入した『ゴーゴーファイブ』のサントラ。
まだ1度も聞いてない。何故に画像が奇妙なアングルなのかというと
真正面から撮ったら、
俺の顔が映ってしまうからです。

情報漏えいヨクナイ。

c0139460_18515849.jpg


池袋のアニメイトで購入した、ケムール印の非常口プレート。他にも
メトロン印の禁煙プレートとかあって吹いた。













それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2011-09-27 18:53 | Trackback | Comments(0)

東・京・旅・行

(富山に)帰ってキター!
どうも。土日に東京旅行に行って来ていた彗星恐竜です。
初っ端からフォーゼネタをかましているのは
生まれて初めて仮面ライダーをリアルタイムで見て、
テンションが上がっているからです。
しかも何故かそのままの流れで、まさかのプリキュアまでリアルタイム視聴。
チラチラ見ていたら、必殺技がゴーカイマジバインドにしか見えなくて吹いた。

東京に行った感想としては、何もかもが混み合ってますね。
人も車も建物も。最近『地震列島』を視聴したせいで
もし直下が来たらとか色々心配になる。
あと絶対見てないと思うけど、東京で自転車に乗ってる方の一部へ。
堂々と車道のど真ん中を走るのは、危険だから止めた方がよろしいかと思います。

後部座席から見てても危ないなぁと思いましたです。
余計なお世話もいいところでしょうけど。

あと東京ってパチンコ屋が小さいんですね。アレを見た後だと富山のパチンコ屋とか
なんか富豪の豪邸みたいですからね。
高速道路から、パチンコ屋と思しきド派手な建物が見えたとき
「あぁ、富山に帰ってきたな」と思いました。



東京での戦利品は、その内自慢します。










それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2011-09-25 23:19 | Trackback | Comments(0)