「ほっ」と。キャンペーン

このブログは日常を書き綴ったり怪獣紹介をしたりQMAで単独正解したことを自慢したりするするやりたい放題のブログです。
by suisei-kyouryu
カテゴリ
全体
日常
ウルトラ怪獣
注意(俺の知り合いの方必見)
東映モノ
自己紹介
俺の趣味、嗜好大全(稀に更新)
夢日記
大映怪獣
東宝怪獣
映画感想
未分類
以前の記事
2015年 03月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
お気に入りブログ
怪獣ブログ
水増せ!明るい家族計画!?
LET‘S GO TO ...
クロマニョン~~
最新のトラックバック
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
建国記念の日
from YUK'sblog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


悪意と罵詈雑言に満ちた記事

になることをお許しください。
いやーなんかもうね。宇宙船に乗ってたネタバレ画像を見て
何かがぷっつんしちゃったから
もう大暴れしちゃうゾ。

まぁ大体の方が不快になること間違いないので
当然moreで隠しときます。







追記:見る気がないのをいいことに
ネタバレを気にせずあちこちでの感想を拝見。
まぁ、ウチ含めネットの情報を鵜呑みにするのもなんだけど、怪人の扱い云々以前に
子供が楽しめなかったらもうダメな気がする。
いや、お子様が楽しんだという感想が全くなかったわけではないけれど。
あと一応あの映画の特番が富山で放送されたんで見たけどさ、
他人に頭下げるドウコクを撮ろうとかぬかしたのはどこの誰なのか。
ダゴンが頭下げてなかったんだから別にドウコクも下げなくたっていいじゃない。

More
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-04-08 20:11 | Comments(6)

ウルトラマンサーガ

見に行ったらめっちゃ混んでてビックリしたぜ。
もう朝イチの回をあきらめて、午後7時からの回を見に行こうと思ったほどに。
どうも最近ウルトラ怪獣に魔女文字でテロップをつけることが
マイブームな彗星恐竜です
あの世界にギャンゴの石があったら全部解決する気がする。




話を戻して『サーガ』見てきました。

感想はMoreに

More
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-04-01 14:36 | 映画感想 | Comments(5)

妄想の垂れ流し

どうも。ピクシブで
『改造実験帝国 in まどか☆マギカ』
なるものを

本気で執筆しようとしている彗星恐竜です。
当面の目標はガルスを大活躍させること。


どうも昔から好きな作品をクロスオーバーさせたくてしょうがない人間でして
ここ最近は『まどマギ』と特撮の悪役を絡ませることばっか考えております。
まどかとほむらがゴルゴムによって世紀王に改造されたり
『機動刑事さやか☆ジバン』とか考えたり。
斉藤千和声のブラックサンとか悠木碧声のシャドームーンとか
キタエリ声のジバンとか誰得なんだという話だが。

個人的には戦隊悪役が熱い。
シリアス路線のままのバラノイアとかバルバンとか災魔とか
90年代後半の戦隊悪役は絡ませやすそうだけど
ネジレジアだけが妙に難しい。見滝原の魔法少女を
魔法少女じゃなくてメガレンジャーにするくらいしないと出来ない気がする。
えーちなみにボーゾックは格が違う。

00年代はロンダーズが一番やりやすいかも。
魔法少女とかソウルジェムとかドルネロ様にしてみたら
凄くいい商品になるような気がする。
まどかを魔法少女にしようと企むギエンさんとか。
あとエヴォリアンとか。ギガノイドにソウルジェムを組み込んだ
ギガノイド・マギカルネッサンスとか本気で考えてた時期があった。

外道衆と絡ませようかとも考えてたけど
はぐれ外道二人がさやかを
取り合ってる図しか出てこなかった。











いい加減龍怪獣を紹介しないと。
それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-03-13 22:35 | Comments(38)

今年の4月

どうせ悪役の扱いがおざなりになるであろう東映ヒーロー大戦か
AKBキャスティングが吉と出るか凶と出るかわからない
(個人的には凶だと思う)ウルトラマンサーガ。
おいしいものを後にとっておくタイプの自分にとって
どっちを先に見るべきか迷うところだなーと思う今日この頃。
まぁミニチュア特撮さえ見てればテンションが上がる自分は
多分ウルトラの方を後に見ると思う。
東映と円谷だったら、ミニチュアのレベルは後者のほうが高いだろうということで。


意地でもあの作品を『スーパーヒーロー大戦』とは言いたくない自分がいる。
スーパーヒーローと言っちゃうと範囲がライダーと戦隊だけに収まらないもの。







自分でも一体何がしたかったのか。
それではまた次回。

追記:調べてみたら東映ヒーロー大戦は4月21日公開なので
必然的にこっちが後になるなー。よく調べもせず何かを言う悪い癖は
いい加減に直さなければならんな。うん。
公式サイトの幹部怪人がいっぱいいる画像を見ても、
これまでの悪夢が自然と思い出されてテンションが全く上がらないことだよ。
東映がやるオールヒーローモノの映画は悪に対する敬意が足らん。
まぁ大体の人が見たいのは「強いヒーロー」なわけだし
ぶっちゃけ怪人の扱いについて文句言ってるのなんて俺くらいのもんだから
悪よりもヒーロー側にウェイトを置くのもしょうがないとは思う。

それでも悪の首領とか大幹部の強さが、特に弱体化設定もないのに
強さが一般怪人並み、もしくはそれ以下に引き下げられているのには
絶対納得しないけど。最初から出さなきゃいいのに。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-02-11 19:00 | Comments(2)

ジバンBLACKメガクレフラッシュ 完

とりあえず『メガ』と『フラッシュ』でボロ泣きしました。

『超新星フラッシュマン』:地球からさらわれて、フラッシュ星で育ち20年。
やっと地球に帰ってきたフラッシュマンだが、フラッシュ星で育ったが故に
「反フラッシュ現象」という形で地球に拒絶され、挙句地球を去らねばならない。
いや話には聞いてたんですけど、やっぱり1話からずっと見てると
想像以上に悲しかった。レジェンド大戦にフラッシュマンが参加していたことも
この作品を見た後だと、より一層の感動を覚えました。
ラストの「きっと帰ってくる」という言葉の通り帰ってきた訳ですから。

一方メス。メスからサー・カウラーが離脱。次々生命改造実験の犠牲となる
エイリアンハンター達は涙なくしては見られないかと。
そしてリー・ケフレンは地球人だった。300年前にさらわれた彼は
ラー・デウスの野望のために次期大博士として育てられていたに過ぎなかった。
最期、狂ったように遺伝子シンセサイザーを弾きながら叫んだ
「さらば!地球よ!!」という言葉はどのような思いから出た言葉だったのか。
そしてそんなケフレンを父のように慕うネフェル。あとそんな描写はなかったものの
ワンダやガルスも同じ思いだったはず(と思いたい)。
ウルクとキルトの絆、そしてラー・デウスの執念などメスもフラッシュマン側に
負けないくらいの壮絶なドラマを見せてくれました。

戦隊シリーズの最終回でこれほど「終わり」というものを
痛感させられる作品は初めてでした。

『仮面ライダーBLACK』:シャドームーンが最期まで
シャドームーンとして死んでいったのがちょっと意外だった。
最期に秋月信彦として何か言うかと思っていたんですが
さすがにそこまでやったら最終回Bパートの
光太郎のローテンションにますます拍車がかかって、
いたたまれなさが尋常じゃないことになったかもしれない。

大怪人たちはビシュム以外はこれと言ったドラマはなかったものの
その死に様は大怪人の名にふさわしい迫力でした。
しかし大怪人たちを普通の怪人と同じように、
ライダーパンチとライダーキックのコンボで倒してしまうブラック・サンは
戦闘力が凶悪ってレベルじゃねえ。
(死亡以前に)パワーアップイベントがなかったはずなのに
シャドームーン覚醒前と覚醒後じゃ明らかに戦闘力が違うような。
まぁ、シャドームーン覚醒に伴って仮面ライダーBLACKのキングストーンも活性化したと
解釈しておきましょう。

ゴルゴム崩壊の最大の原因は、ダロムさんがクジラ怪人の聞いているところで
「怪人など使い捨てだ!」とか言った事だと思うんだ。

しかしこんな孤独感あふれる最終回を見てしまうと
『RX』を見たいとは思えなくなってしまうんだが。
でも特撮は派手だしなー。ちなみにyoutubeでは『BLACK』の後釜として
『RX』が配信されているという。

『機動刑事ジバン』:ドクター・ギバの正体は
バイオ実験の廃棄物から生まれた怪物だった。
命を大切にしないことに関しては人間もバイオロンも同じだとギバは言う。

正直に言うと
そんなに面白くはなかったと思う(酷)。
ギバとの決戦がそんなに盛り上がらなかったなーというか。最終回も
Aパートは凄く面白かったんだが。

一番好きなキャラはバイオロン勢を差し置いて、実は清志郎だったり。
序盤じゃほぼ空気だし偉そうだし
劇場版ですら空気だったのに
話が終盤になるにつれどんどんカッコよくなっていって
良き先輩としてのキャラを確立して言ったと思います。

マーシャとカーシャはバイオロンの怪物でありながら感覚が妙に人間に近く
瀕死の体でジバンに勝負を挑んだマッドガルボとは対照的に、その場から逃げ出し
ギバに抹殺されそうになるとジバンにさえ助けを求めた。
ブビたちだけでなく、この二人とも和解はできたのかもしれない。
清志郎に次いで好きなキャラでした。

『忍者戦隊カクレンジャー』:ダラダラの回が最終回でよかったんじゃね?
途中から見はじめたので、「全部見た!」という達成感は得られませんでしたが
鶴姫と白面郎を巡るドラマには泣いてしまいそうになりました。
しかしその決着回の内容を
予告で起承転結まで
バラさねえで欲しかったんだが。

そして最終回ED前の封印の扉の中で踊り狂う妖怪軍団は圧巻でした。
「力が出ない~」とか「いつの日か必ずここから出てやる~」とか
恨めしそうに言っていますが
何か凄く楽しそうなので、
お前ら出てこなくていいよ。

もうずっとそこで楽しんでろ(笑)。

『電磁戦隊メガレンジャー』:ネジレンジャーと共にジャビウス1世が死に、
ジャビウスハートを手に入れたヒネラーの野望は
全人類をデータカードにして、ヒネラーに絶対服従するようにプログラムしなおし
ヒネラーを頂点とした世界を作ることだった。メガレンジャーをも
データカードにしてしまうが、復活したネジレンジャーによって
メガレンジャーが復活。これによりヒネラーシティの野望はもろくも崩れ去った。
しかしそのときメガレンジャーの正体がばれて、彼らの通う高校にネジレジア襲来。
それが理由でメガレンジャーの5人は学校を追い出される。
そこから最終回の序盤まで、人間の嫌な部分を(若干の希望を交えつつ)
とことんまで見せるという戦隊シリーズにしては中々の鬱展開。
それだけに最終回のBパートがより感動的なものとなっております。
youtubeに歴代戦隊の最終決戦が上がってた時期に、メガの最終決戦見て
鳥肌が立ったけれど、その前の2話を見た後に最終決戦を見ると
凄く目頭が熱くなった。そしてラストの卒業式で涙腺が決壊しましたとも。

そしてネジレジア。というかヒネラー一家。
それまで幾度も強化されつつも、
壮絶なヘタレっぷりをみせていたユガンデが
自らの命をもいとわず更なる強化をはかり、
灼熱の超戦士バーニングユガンデとなりI.N.E.Tの基地を猛襲。
それまで圧倒的な強さを誇っていたメガレンジャーのロボを次々と一蹴。
自らの強化改造をシボレナに懇願するユガンデと
その危険さを分かっているが故に改造を拒絶しようとするシボレナは
本当にいい家族。個人的にユガンデはシボレナ同様
ヒネラーに作られたと解釈してますが合ってますよね?
そしてユガンデを庇い瀕死の重傷を負ったシボレナが
ヒネラーへの感謝を述べた後「さようなら・・・父上」と言って爆発するシーンは
本作品中屈指の名シーン。破片の中にヒネラーとのツーショット写真が貼られている
メインコンピューターと思しきパーツがあるとかさ・・・。
最期、メガボイジャーと共に空高く飛ぶグランネジロスの中で
ユガンデとシボレナの姿を幻視したと思しきヒネラーは
自分の科学の素晴らしさを証明する
(=人間の科学の象徴であるメガレンジャーを倒す)ために
グランネジロスと共に自爆しました。

こうしてみるとやっぱりケフレンとヒネラーは本当に似ていると思う。
2人の最期も何か重なるものがある。
この2作品を並行して見てたからこそ気付けたことだと思うけど。

最後に、(俺の知る限りでは)戦隊シリーズの
悪の巨大ロボの中で1番カッコいいのは
グランネジロスだと思います。
いやもうカッコよすぎて、グランネジロスの写真を4枚も撮った。












それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-01-26 16:46 | Comments(2)

マクー×ザンギャック

こういう風に書くとカップリングみたいだ。

というわけで『ゴーカイジャーvsギャバン』を見てきました。

感想はMoreで

More
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-01-22 20:03 | 映画感想 | Comments(0)

年明けオケーション

いやー歌った歌った。

曲リスト:『君が代』 『Anything goes』(×1.5) 『コネクト』(×1.5)
『ああ、電子戦隊デンジマン』 『大戦隊ゴーグルファイブ』 『超新星フラッシュマン』
『超獣戦隊ライブマン』 『鳥人戦隊ジェットマン』 『シークレット・カクレンジャー』
『暴走戦隊ゾクレンジャー』 『救急戦隊ゴーゴーファイブ』 
『~JIKU~未来戦隊タイムレンジャー』
『デカレンジャーアクション』 『戦隊怪人 悪役ゲッター』
『ウルトラマンレオ』 『Lovin'me Lovin'you』 『ウルトラマンマックス』
『Time judged all』 『宇宙刑事ギャバン』 『君の青春は輝いているか』
『機動刑事ジバン』 『Magia』 『月光仮面は誰でしょう』
『Polyanna~I believe in you~』

覚えてるだけでもこれだけ。でも絶対他にも何か歌ってる。
目新しいものを挙げるなら串田とマギカと月光仮面。
それにしても異様な戦隊率の高さ。














それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-01-07 22:36 | Comments(4)

サラマンデス

c0139460_19193362.jpg
c0139460_19321129.jpg
c0139460_19322380.jpg
c0139460_19394696.jpg
c0139460_19405241.jpg
c0139460_19422659.jpg
c0139460_19423461.jpg


ハッピーニューイヤー!
笑ってはいけないを見ながら更新しております彗星恐竜です。
今年は辰年ということで、持ちうる限りの龍怪獣または怪人を紹介したいと思います。
その第1弾として、『救急戦隊ゴーゴーファイブ』に登場した災魔一族の
龍皇子サラマンデスを紹介します。

画像は1枚目がサラマンデス全身図。
2枚目が顔。
3枚目が幼少時の童鬼ドロップ。
4枚目が幽魔王サラマンデス。
5枚目が幽魔王の顔。
6枚目が幽魔王の胸の冥王の星。
7枚目が空飛ぶ幽魔王。あまりにカッコよかったので。

彼は赤子の頃から童鬼ドロップとして、災魔四兄弟の末っ子として
作戦を立案(「ドロップー」としか喋れないため執事のピエールが通訳する)、
火属性のサイマ獣を操る。
第15話にて初出撃。ゴーピンクに「可愛い」と評されたが
念力や火炎攻撃といった凶悪な能力で(グリーンを除く)ゴーゴーファイブを蹂躙したかと思うと
不覚にもおもらしをしてしまい攻撃を中断。
執事のピエールがその処理をしている間にサイマ獣が倒されてしまうという失態。

長兄のジルフィーザが22話にて死ぬと、彼の冥王の星を受け継ぎ繭となり
26話で龍皇子サラマンデスとして覚醒。その前にパイロキネシスの能力を持つ
少年の姿で放浪してゴーゴーファイブに保護されたりした。

当初は兄や姉に従順な弟を演じていたが、第30話の作戦が失敗したことによって
兄や姉にボロクソ言われたため本性が爆発。
普通に馬鹿にしたり、作戦の妨害を企んだりする。
そして39話にてピエールの家宝の無間連鎖カードを組み込んだサイマ獣で
ゴーゴーファイブを後一歩まで追い詰めるも失敗。
母の大魔女グランディーヌにボロクソ言われて、兄や姉にも罵倒され
ゴーゴーファイブへの憎しみを燃やす。

そして42話でピエールから幽魔地獄の鍵をもらい
幽界衛兵災魔カオスと共に、ゴーゴーファイブを
サイマ獣の魂が集う幽魔地獄へ引きずり込むも
カオスが持つ幽魔災魔を操る杖を破壊されてしまい、
幽魔地獄を脱出しようとするが、グランディーヌに鍵を破壊され
そのまま地獄に閉じ込められる。
何故か「これも全て
ゴーゴーファイブのせいだ」とぬかし

ゴーゴーファイブへの憎しみをいっそう強める。
43話でピエールのアドバイスにより、幽魔災魔を食らい
幽魔王サラマンデスへと変貌。カオスと共に幽魔地獄を脱出し、
更なる力を求める。そこでピエールが幽魔ツリーの術を使い
人間の生命エネルギーをサラマンデスに分け与える。
どんどん強くなり調子に乗って「俺は今、大魔女グランディーヌさえも超えたのだ!」とぬかす。
エネルギーを吸収しまくった結果巨大化。何故かカオスも巨大化して大暴れ。
ライナーボーイを刺したり、ビクトリーロボのブレイバーソードとやりたい放題。
そこに超巨大ロボグランドライナーが加勢。タックルされた上に
グランドファイヤーをぶちこまれそうになるが、カオスに決死の覚悟で庇われる。
そこで幽魔ツリーからさらにエネルギーをもらい、羽からなんか凄い衝撃波を出して
グランドライナーを撃退。そこにビクトリーマーズが加勢、ビクトリーロボが
ライナーボーイと合体してマックスビクトリーロボとなるも
相変わらずなんか凄い衝撃波で圧倒。だが幽魔ツリーからエネルギーの供給が途絶え
一気に劣勢に。マックスビクトリーロボの砲撃を受けた上に、マーズフレアを受けて
幽魔王サラマンデスはついに滅ぶ。

しかし49話でグランディーヌによって復活。
人格が妙に小者臭くなっていたのは
たぶんグランディーヌの仕業。
意思を奪われた状態のジルフィーザをしもべとして引き連れて、盾にしたりするが
ゴーグリーンの一言によって、ジルフィーザが中途半端に意思を取り戻し
半ば錯乱状態(壊れたラジオみたいに「弟よ・・・弟よ・・・」と繰り返す)になったのでこれを始末。
その後グリーンとブルーに出力がどうかしてるとしか思えないゴーブラスターをぶっぱなされる。
そこで大魔女グランディーヌによって、ジルフィーザと共に最強の破壊獣へと姿を変え
サラマンデスの意思は完全に滅びたのでした。

ドロップ時の主な能力は、念動力と火炎放射。
サラマンデス時には槍を使うようになる。
幽魔王時には尻尾で敵を叩きのめしたり、剣を溶かしたり
空を飛びまわったり羽からなんか凄い衝撃波を出したりする。

このお美しい顔に緑川光氏の美声が加わり、龍皇子の名に
相応しいキャラクターになっております。
49話のときのサラマンデスには
ブレドランに似た何かを感じたけど。
声の上ずり具合とか丁度そんな感じ。
あ、俺的には彼はあくまで「龍皇子」であり「龍冥王」ではなかったり。
彼には皇子という肩書きこそ相応しいと思うの。















それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-01-01 00:00 | 東映モノ | Comments(0)

MOVIE大戦MEGAMAX

俺たちメガ!メガ!メガー♪
アレ?なんか違った?
というわけで見てきました『MOVIE大戦』。
ここ数年期待しては裏切られの連続だったので
いっそのこと何も期待せずに見てみたらと思い、実践してみた結果
かなり楽しく見ることが出来ました。
あとネタバレをほぼシャットアウトしたのも功を奏したか。

感想は後述

以下ネタバレ
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2011-12-17 13:58 | 映画感想 | Comments(2)

ジバンBLACKメガクレフラッシュ

現在視聴している東映特撮作品で
色々話が動いてきたので、まとめて感想。

『フラッシュマン』:ガルスーーーー!!
3幹部の中で一番好きだったレー・ガルスが
第28話でご臨終なさいました。
続いてレー・ワンダやレー・ネフェルが相次いで怪人体(妖獣士ワンダーラ、ネフェルーラ)を得る。
ワンダーラはともかく39話までのネフェルーラは
恐ろしい程俺のツボにはまらなかったよ。
どんなんかというと、遊園地で風船配ってそうな顔してた。
何故か第39話でかなり唐突にカッコよくなったけど。
大博士リー・ケフレンとサー・カウラーが対立。
36話より対立が本格化し、ケフレンの正体に関する伏線も引かれる。
そんな中で大帝ラー・デウスは
全く動かず。
28話で3幹部にキレたくらいで、その後は序盤のように改造生命の成果を楽しんでるのみ。
獣戦士では20話に登場したザ・ブルザス、22話に登場したザ・アルゴス、
31話に登場したザ・ゴステロが素晴らしい。
ゴステロはほぼ能無しだったけど。
あ、あと赤×黄あると思います。

『仮面ライダーBLACK』:シャドームーンの登場がカッコよすぎて
もう一目惚れ!
シャドームーン登場に伴い3神官が、大怪人へと変貌。
デザイン的には、大神官ではバラオムが1番好きだったけど
大怪人ではダロムの方かな。
大怪人バラオムには青い仮面っぽい顔と、機械っぽい手は残して欲しかったなぁ。
おでこ辺りに割れ残った仮面みたいのはあるんだけど。
怪人ではヤマアラシとかアネモネとかが秀逸。
コガネムシ怪人の回で泣いた。金を生み出すオオガネムシによって
家庭崩壊する家族の様とか、
分身のオオガネムシを殺されて、
悔しそうにするコガネムシ怪人とか。

あ、ビルゲニア?てっきり怪人体があるかと思ってたけど
そんなことはなかったぜ。

『ジバン』:ジバン死す(マジで)!!
しかし、基地の中にあった謎のコンピューターにより
恐ろしい力で敵を挟み潰すパワーブレイカーと
凶悪な音と共に敵を貫くニードリッカー、
そしてどんな敵をも一撃で滅殺するエネルギー弾を発射するオートデリンガーという
極悪3大装備を備え
パーフェクトジバンとして復活!

ニードリッカーの音がマジで怖い。40話見てみ。
クイーンコスモなる宇宙からの敵が登場。
ムーンパワーなる力で念動力を使ったり魔空空間を発生させたりとやりたい放題。
好きなバイオノイドはゾウノイド、ヤドカリノイド、パンサーノイド、カメノイド他多数。
ヤギノイドは何とかして救えなかったものだろうかと思えたが、
逆にチャンバラノイドは救われたバイオノイドだと思う。

『カクレンジャー』:ニンジャマン登場回から視聴。
在りし日のケイン・コスギを見ることが出来るぞ。
やっぱアレだね。
外国にかぶれた妖怪を見るのは
凄く楽しい。

カウボーイ見たいな格好したウシオニとか。
しかし顔出しの一般怪人(カラカサだったっけ?)がでるとはなぁ。

『メガレンジャー』:色々あったのでオーズ風に三つの出来事でまとめる。
1つ!ヒネラーの元にネジレジア本国からギレールが派遣される!
2つ!息子同然のユガンデをギレールがいいように利用されたので、ヒネラーがキレて
ギレールを怪物マッドギレールに変貌させる!
(マッドギレールは新ロボメガボイジャーに瞬殺される)
3つ!Dr.ヒネラーが邪電戦隊ネジレンジャーを作り出し、
メガレンジャーとジャビウス1世の抹殺を同時にたくらむ!

ギレールは主に複数のネジレ獣を使用する作戦を好んでいて
分かりやすくネジレジアのパワーアップが図られたと思います。
あと上の三つに書かなかったけど、ギレールの死後ネジレ獣に代わり
新型怪人サイコネジラーが登場。ロボットっぽくなっていて
こちらも分かりやすいパワーアップが図られている。
しかし何だ。サイコネジラーを作るときヒネラーが弾いているアレは
明らかに遺伝子シンセサイザーと
同種のものである。

いつ改造実験帝国と業務提携を結んでたんですか?
見始めた当初から、ケフレンとヒネラーはどこか被るものがあると感じていたが
いよいよ露骨に出してきたな。ヒネラーは間違いなくケフレンオマージュが入ってる。











それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2011-12-16 22:38 | Comments(0)

クラゲノイド

c0139460_13291369.jpg


ザ・ガリブルに続く誰得怪人第2弾。
今週配信された『ジバン』で、バイオロンがジバンに対し
圧倒的大勝利をおさめた記念に
『機動刑事ジバン』第16話に登場したクラゲノイドを紹介します。

バイオロンとは(多分)バイオテクノロジーで生み出されたバイオノイドを使い
人間には不可能な犯罪を起こし、ひいては人類の堕落または殲滅を狙っている組織。
基本動物モチーフだが、第3話にしてドロノイドなんてのが登場してるあたり
厳密にする気はさらさら無かったようだ。

このクラゲノイドは完全に透明な姿になりたかったらしく、
透明人間になる薬を作るべく日夜研究に没頭する野呂博士の家に、
クラゲに化けて潜入する。野呂博士がひょんなことから透明人間になる薬を
偶然作り出し、実験しに外に出て行ったところで変身を解除。
クラゲノイドの姿となり、博士が置いていった透明薬を奪取、バイオロン基地に帰還。

透明薬を手に入れたクラゲノイドを、
首領のドクター・ギバが労い、透明薬を欲しがった理由を語りだす。
「この透明薬をこども達に飲ませたらどうなる?万引きや盗みなど思いのままだ!
透明人間になった子供たちに悪の心が芽生え、悪の楽しみが植えつけられる。
それが大人になったらどうなる?この世は泥棒だらけだ!ハッハッハッハ」
小さい、小さいぞギバ様。
ちなみに透明薬はバイオロンの技術でも作れないそうです。
ギバ様は透明薬を量産すべく、開発者の拉致をクラゲノイドに命じる。
あんたらで薬を解析した方が早い気がしますが。
「じゃあまずワシが」と言って透明薬を飲むクラゲノイド。
貴重なサンプル飲み干すな!

晴れて透明になったクラゲノイドは透明なのをいい事に
パトカーを持ち上げたり警察をフルボッコにする。
遊んでないで仕事しなさい。
その後同じく透明になっていたものの、息子の発想で包帯巻いたり服着たりして
なんとか透明状態から脱した野呂博士を拉致。
またしても透明なのをいい事に、追って来たジバンをフルボッコにする。
気を取り直して野呂博士を攫おうとするも、その息子が
クラゲノイド(がいると思われるところ)に着色スプレーをかけたところ
腕のみ可視化。更にジバンが攻撃すると全身可視化。
泡とか触手とかで健闘するも、触手を斬られてジバンエンドされてご臨終。

どうしよう。透明になったことと声が依田英助って事くらいしか覚えてないよ。
ジバンとの戦闘で、コンクリートを溶かしたり爆発したりする泡を出していたらしい。

「クラゲ怪人には(例えゴミ袋みたいなのでも)透明なパーツがあってしかるべし」という
謎の信条をもつ自分としてはあまり好ましくないクラゲノイド。
でも、バイオな感じがして凄くカッコいいのもまた事実。
うん、頭のかさのふちあたりに、透けていてヒラヒラしているものがあるっちゃあるんだけど。


ちなみに今週東映公式チャンネルで配信された『ジバン』は
幹部のジバンキラー・マッドガルボとバイオノイド・サイノイドが
宇宙生物の遺伝子でパワーアップし
ジバンを殺すという内容でした。
やったねバイオロン。邪魔者がいなくなるよ。
これからどうなるか来週が楽しみであります。














それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2011-11-26 14:14 | 東映モノ | Comments(0)