このブログは日常を書き綴ったり怪獣紹介をしたりQMAで単独正解したことを自慢したりするするやりたい放題のブログです。
by suisei-kyouryu
カテゴリ
全体
日常
ウルトラ怪獣
注意
東映モノ
自己紹介
俺の趣味、嗜好大全(稀に更新)
夢日記
大映怪獣
東宝怪獣
映画感想
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2015年 03月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
怪獣ブログ
水増せ!明るい家族計画!?
LET‘S GO TO ...
クロマニョン~~
最新のコメント
>ガメラックマ様 ..
by 彗星恐竜 at 13:07
ブログ主、死んじゃったの..
by ガメラックマ at 04:35
>スカイライダー・クウガ..
by 彗星恐竜 at 17:32
ジャラジがかわいそうでし..
by スカイライダー・クウガ大好き at 15:32
>pon様 お読み..
by 彗星恐竜 at 16:06
こんばんは彗星恐竜さん「..
by pon at 22:06
>ざんぶろんぞ様 ..
by 彗星恐竜 at 15:51
某模型掲示板で「まどかと..
by ざんぶろんぞ at 19:28
>pon様 個人的..
by 彗星恐竜 at 15:06
マナー映像が良かったので..
by pon at 19:44
最新のトラックバック
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
建国記念の日
from YUK'sblog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


生物彗星WoO

円谷全怪獣図鑑の『WoO』の項目を見てみれば、思ったよりもしっかり
ミニチュア特撮してることが判明したので視聴開始(←)。
なお、放送当時は存在は知っていたものの未視聴。

現在4話まで視聴済みですが、なんやかんやで
毎回1人は必ず怪獣に食われる(しかも大体が何らかの形で主人公と交流した人物)という鬱展開まっしぐらな有様。
とりあえず第1話の怪獣の襲撃を受ける学校というシチュエーションは非常に俺得。
怪獣はCGだったけど。

WoOはかわいいのですが、アイ吉になったら野郎ボイスになってしまうのが少し残念。
ちっこい時の声でけなげに戦ってくれると勝手に思ってました。

円谷全怪獣図鑑で展開はざっくり気味には知ってます。
レギュラーのあの人が怪獣になってしまって、
元に戻せないまま倒されてしまったっぽいとか。








それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2013-03-26 19:51 | Trackback | Comments(6)

ヴァグラスvs宇宙帝国ザンギャック

どうも。『ゴーバスターズ』本編が
絶賛エン×エス中で
悶絶の限りを尽くしている

彗星恐竜です。
エスケイプお姉さまの出番はもうなさそうだけれど。

本日は『ゴーバスターズvsゴーカイジャー』を見てきました。
感想はmoreに。

More
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2013-01-28 13:09 | Trackback | Comments(0)

唐突に今年見たものを振り返ってみる

去年から見てたものは除外。

最終回視聴済み:『星獣戦隊ギンガマン』『鳥人戦隊ジェットマン』
『未来戦隊タイムレンジャー』『超力戦隊オーレンジャー』
『特警ウインスペクター』『超電子バイオマン』
『超光戦士シャンゼリオン』『大鉄人17』『じょしらく』
『這いよれ!ニャル子さん』『非公認戦隊アキバレンジャー』


視聴中:『特救指令ソルブレイン』『快傑ズバット』『世界忍者戦ジライヤ』
『巨獣特捜ジャスピオン』『変身忍者嵐』『重甲ビーファイター』
『特命戦隊ゴーバスターズ』『仮面ライダーウィザード』

映画:『海賊戦隊ゴーカイジャーvs宇宙刑事ギャバン』
『ウルトラマンサーガ』『劇場版特命戦隊ゴーバスターズ―東京エネタワーを守れ!―』
『劇場版仮面ライダーフォーゼ みんなで宇宙キターーーー!』
『巨神兵東京に現る』(×5)『宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE』
『劇場版魔法少女まどか☆マギカ後編―永遠の物語―』
『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』


何か書き出してみると凄い数(笑)。
浪人バイト戦士の身によくこれだけの暇があったなと言いたい。
去年から見てたのとか、フェードアウトした奴とかも含めるともっとある。

とりあえず今年最後の更新ですので
今年見た悪役で、私がときめいた連中を
部門別に紹介したいと思います。
毎年やってた怪獣紹介が面倒になったんだろうといわれれば
ぶっちゃけその通りですと答えます。
元日にもかかわらず明日もバイトだし。
あとちょっとよそのブログに影響を受けたというのもあります。
とりあえず年明けの怪獣紹介は
ロスタイム気味に竜怪獣を
やると思いますので

どうぞお楽しみに(爆)。


まずは怪獣部門。今年はまだ特撮が盛んだったとはいえ
相変わらず怪獣は不作なので
ミニチュアセットの上で暴れてて、喋らないやつなら
もう何でも怪獣の枠に入れちゃいます。

1位:巨神兵(『巨神兵東京に現る』)
2位:メガゾードγ(『特命戦隊ゴーバスターズ』)
3位:ハイパーゼットン(『ウルトラマンサーガ』)

まぁ3位に関しては完全に消去法というか、これしか残らんよなーと。

まず1位。今年のミニチュア特撮ラッシュで俺にとどめを刺してきた一品。
ピコピコ光る角とか実写で動きそうにないデザインが
実際に動くとか最高でした。ありがとう樋口さん。

2位は正直怪獣といっていいのかかなり微妙なところなのですが
好きすぎるからしょうがない。
劇中では語られてないけど、多分他のメガゾードに比べて
戦闘に特化した機体であり、ちゃんと戦術を考えて行動するという印象があります。
掃除機や消しゴム、パペットなど数々のネタ武装でギャップ萌えを演出し、
ドーム回ではエースに向かって指を立てたり
ドームゾードβ、δと二股をかけたりして新たな境地を開拓。
(またの名をイメージ崩壊ともいう)
ゴーバスターズではぶっちぎりのカッコよさを誇っておりました。

続いて首領、ラスボス部門。

1位:ブレイン(『大鉄人17』)
2位:我望光明/サジタリウスゾディアーツ(『仮面ライダーフォーゼ』)
3位:センキ(『百獣戦隊ガオレンジャー』)

1位は我らがミスターブレイン!70年代にしてあのデザインは凄すぎる。
そのお姿を拝見するのが毎回楽しみでございました。
あと、人間を攻撃する理由が地球のためであると言うのも
人間が悪いという話が大好きな自分にとってはツボる要素でございました。
「ブレインは正しい!ブレインは偉大なる善!ブレインは地上の神!
ブレインは!ブレインは!!」


2位は、上に列挙してない作品からで申し訳ないのですが
我望理事長。サジタリウス初登場回における
ナパーム全開の無双っぷりに惚れました。
その名の通り、自分の望みのために周りがまったく見えなくなるも
最後はその望みを仮面ライダー部に託すというオチも素敵です。
私にとって『フォーゼ』とは理事長と愉快な仲間たちの物語でした。
「・・・約束は果たせなかったな。」

3位はまたも上に列挙してない作品からで申し訳ないです。
至高にして究極のハイネス、唯一絶対のオルグの王センキ様。
今までそんなに好きじゃなかったのですが、デザイン画を見たら
しっかり3大ハイネスの要素を結集したキメラ怪人だとわかり
超好きになる。デザイン画が。造形物はもうちょっと
頭の目を凝って造ってくれたらなーと
でも修羅百鬼剣を手にオープンセットにそそり立つ姿は神々しすぎました。
あと、何故オルグが人工物をかたどった姿で現れるのかという疑問に
ズバリ答えたセリフも手伝って、滑り込みでランクイン。
「人間ども!お前たちは心の中の衝動のまま星の自然を破壊し、
物を作り上げ、文明などと呼んでいた。だが、もはや人間の時代は終わった!」


なお、ランク付けこそできないものの別格の存在として
八手三r(以下原作者様の魔の手により削除)

続いて幹部部門。

1位:エスケイプ(『特命戦隊ゴーバスターズ』)
2位:サンバッシュ(『星獣戦隊ギンガマン』)
3位:神官モードス(『超光戦士シャンゼリオン』)

1位はエスケイプお姉さま。ここ最近は萌えにも寛容になってきたので。
30話以降はパパのために奮闘する姿が可愛すぎます。
エンターとの絡みもすきで、エンターがフラグを立てに行った39話と
二人仲良くサンタコスしてた43話は悶絶しました(←)。
公式サイトにクランクアップ報告がないので、年明けに再登場すると思いますが
パパに食われたことがトラウマになってたら超可愛いと思います。
「とってもいいモノだわ!そうでしょ?
パパも・・・そして私もとびっきり!」


2位はサンバッシュ様。やっぱり檜山ヴォイスは最高だと思います。
彼はなんというのですかね、こういうの。うん、まぁその、アレだ
バカ可愛い。
番組の序盤の幹部を務め上げ、一応部下を見る目はあるし
作戦の進行を妨害しかねない部下にはきちんと怒るなど
中々どうして、しっかり大幹部してたと思います。
「こうなりゃてめえも道連れだ!!」

3位は神官モードス。3幹部の中では1番好きだったんだけどなー。
退場回では、何故かいきなり
主人公に対する裁判を開き
あまり幹部退場回らしい話にならなかったのは残念。
でも強かった。
「馬鹿め・・・。私が倒れることで、新たなる脅威が・・・生まれる・・・!」

いよいよ最後。一般怪人部門。
1位:バラナイトメア(『超力戦隊オーレンジャー』)
2位:ゴミジゲン(『鳥人戦隊オーレンジャー』)
3位:歌舞伎町メスグロヒョウモンチョウ(『非公認戦隊アキバレンジャー』)

1位はマシン獣バラロリコンバラナイトメア。
岡本美登さんが変体紳士マシン獣を独特のいい声で演じきった傑作。
うん、まぁその言動の一つ一つには
腹を抱えて笑ってしまったよね。
「俺は可愛い子供が好きでなぁ・・・たまらないんだ・・・!」

2位はゴミジゲン。これはぼろ泣きした。
なんというか、まずこいつのデザイン画を見た時驚愕して
これを着ぐるみにしたらどうなるのかというのを
確認するつもりで本編見たのに
ストーリーの方が鬱展開まっしぐらで
それどころじゃなかった。

ラストのアコちゃんの叫びがなんともやりきれなくて辛い。
「僕は・・・何も悪いことしてないのに!」

3位は歌舞伎町(ry。まぁ、本編中でmy favorite 戦隊怪人である
サラマンデス様が取り上げられたからとか、
ビバ緑川光様いうのもあるのですけれど、
多分日曜の朝ではとても使えないような鬼畜ガワ責めシーンが衝撃的で
なんとも『アキバレンジャー』を象徴する一コマになったかと。
「No.1・・・。」

あと怪人ではないのでランク外ですが、『ウインスペクター』の犯罪者の皆様や
尺八ボウガンという謎ジャンルの武器で日本一を名乗る
用心棒・三郎太(『快傑ズバット』)などが面白かったです。


ついでに番外として今年一番たぎった二次元の怪獣・怪人を。

真田十傑蟲(『常住戦陣ムシブギョー!』)

『ムシブギョー』に登場する蟲人はなんかこう特撮に登場する怪人っぽくて
大好きです。去年だったら『まどマギ』の魔女ですが
今年はもう十傑蟲に決まり。
由利鎌之介様が特に好きです。六郎コンビはちょっと微妙でしたが。








それではよいお年を。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-12-31 22:43 | Trackback | Comments(2)

イナズマン×ポワトリン×アクマイザー3 MOVIE大戦アルティメイタム

まぁひたすら圧倒されてきました。




続きはmoreに

More
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-12-14 13:35 | 映画感想 | Trackback | Comments(0)

巨神兵劇場に現る

というわけで『劇場版巨神兵東京に現る』を見に行ってきました。
あとついでに『エヴァQ』も。
もっとも『エヴァQ』はついでのつもりが思いのほか楽しめましたが。
『巨神兵』とセットで1200円は結構安いなと思えるほどに
こちとら『巨神兵』に鑑賞代払ってるつもりで見に行ってたので(爆)。
なお『巨神兵』は特撮博物館で5回ほど見てきてるはずなので
多分今日ので6回目。



あー、ちなみに一緒に見に行った兄と
シンジ君のメンタルの強度の話をしていたのですが
最終的に、彼は豆腐メンタルではなく
粘土メンタルというところに
落ち着きました。

いや中々壊れないんだわアレ。







それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-11-20 15:31 | Trackback | Comments(0)

自分と特撮の関わり

何かゆっくり列島震撼など各所見てたら燃え上がるものがあったので、
唐突に俺と特撮との関わりをまとめてみようと思ったり。
明日バイトだから早く寝たいんだけど
まぁ思い立ったが吉日というわけで。

まず日本人が特撮と最初に関わる時期といえば大体3~5歳ごろでありますが
おそらくこの頃の自分が見ていた作品が
『ウルトラマンガイア』『ゴーゴーファイブ』
幼少時代の時点でミニチュア特撮万歳の
下地は十分にできていたと考えられる。

火の海で対峙するビクトリーロボとマグマゴレムとか凄くハッキリ覚えてるし。

保育園の卒園と同時にヒーローものからの卒業は、一応していたものと思われるが
小1の頃父に連れられ『ゴジラ×メガギラス―G消滅作戦―』を鑑賞。
再び特撮の世界に
とっぷり浸かることとなる。

レンタルビデオ屋で初代と間違えて84年の方の『ゴジラ』を借りてしまったのは
良い思い出。それゆえ『84ゴジ』は今なお思い入れのある作品だったり。
何を思ったか父が『ゴジラ画報』とか買ってくれたので
小学校低学年の時点で大体の東宝特撮映画の知識は得ていました。
あと親戚の家の衛星放送で放送していたので
録画してもらったりして、順調にゴジラシリーズを我が手にしていく。
あと何故かこの頃『ウルトラマンコスモス』も見ていた。

2004年。毎年の楽しみだったゴジラシリーズが終了したので、
録画しまくった、過去のゴジラシリーズで
心の隙間を埋め・・・られるはずもなく
翌年『ウルトラマンマックス』より本格的にウルトラシリーズに傾倒。
第1期シリーズからじわじわと手を広げていき、ウルトラ怪獣図鑑などで
怪獣の名前だけならほぼ全シリーズにわたり知るようになる。

だが『マックス』の次の『メビウス』の終了を機に、
ウルトラマンのTV放映が(富山においては)なくなってしまう。
というわけで今度は戦隊シリーズを割りと本格的に視聴開始。
その前にもちょくちょく見てはいたのですが(『デカ』とか『ボウケン』とか)。
当時やっていたのは『ゲキレンジャー』だったのですが、マクが死んだあたりから
みなくなって、その後『ゴーオン』で舞い戻り。
『ゲキ』をみなくなったのは、この頃確か大怪獣バトルとかやってたから
そっちに気持ちが移っちゃったからかと。
この頃ライダーは敬遠していた(多分ミニチュアがないから)のですが
ファンガイアと運命的な出会いを果たし、『キバ』の終盤から見始め、
ライダーの世界にとっぷり。
そして『シンケン』と『ディケイド』がスタート。
初めて東映特撮を1話から最終回までしっかり見た。

そして高校時代、何故か敬遠していたガメラシリーズ(主に平成)を視聴。
オープンセット至上主義に目覚める。
ガメラに関しては何故敬遠していたのだろう?と思っていたが
確か小学生の頃に見た『ガメラ対ギャオス』で人食シーンが
トラウマになっていたのであった。(未だにちょっと苦手だったり)
あとは『メタルダー』、『ギャバン』、『ロボット刑事』、『イナズマン』、
『ジャイアントロボ』など過去の東映特撮や
『宇宙人東京に現る』、『虹男』などの大映特撮を視聴しまくっていたのもこの頃。

そしてここ最近ウルトラがセットがほぼ全部CGになったり、戦隊の巨大戦の尺が
明らかに短くなっていたりで、若干フラストレーションが
たまっていたところに2012年2月末、ミニチュア特撮全開の
『特命戦隊ゴーバスターズ』の放送開始。
さらに3月末『ウルトラマンサーガ』でウルトラマンにおいてもミニチュア特撮が復活。
そしてとどめとばかりに9月末、特撮博物館で『巨神兵東京に現る』を視聴。
忘れかかっていた何かを思い出させるには
十分すぎた。

そしてスカパーでやってる東宝特撮映画を観まくっている現在に至る。
『世界大戦争』とか気分が鬱々とするよ!


大いにわかりにくいかと思われますが大体こんなもん。
しかしゴジラシリーズ→ウルトラシリーズ→戦隊シリーズという移行の仕方を見ると
いかに俺がミニチュアを
求めているかというのがよくわかる。

ガメラはともかくライダーとか、たまたまファンガイアを見て鳥肌立ててなかったら
そのまま見てなかったという自信さえある。











それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-11-08 23:46 | Trackback | Comments(16)

劇場版 魔法刑事まどか☆ギャバン THE MOVIE

観て来ました。『ギャバン』と『まどか』。
まどかは後編だけです。


続きはmoreに。ネタバレ注意。

More
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-10-25 18:05 | 映画感想 | Trackback | Comments(0)

彗星恐竜東京に現る

c0139460_22481699.jpg

昨日今日は特撮博物館(とついでに色々)を見に東京に行ってました。
とりあえずメカゴジラ2の現物には凄く感動させていただきました。
いや、あのメカゴジラが自分の目の前にあると思うと何か自然とこみ上げてくるものがね。
メインの『巨神兵東京に現る』の感想は最後にmoreで軽く。

とりあえずトップを飾るは東京で手に入れた戦利品。
今回は軍資金が7万もあったので、量が去年の比ではない。


c0139460_22594529.jpg

これが特撮博物館での土産。厳選に厳選に重ねた結果
これらで2万消し飛びました。
『平成ゴジラクロニクル』は凄く読み応えがあったけど、
まだ最後のインタビュー集が全部読めてない。
あと『ドゴラ』と庵野監督が昔自主制作したという
『帰ってきたウルトラマン』のDVD。
現在いずれも未視聴。
後は巨神兵Tシャツ。日曜日にバイト先に着ていく予定。

c0139460_235623.jpg

秋葉原のとらのあなで手に入れた同人誌多数。
今回はじめて買ったのだが、大体がこのボリュームで600円とか700円するので
ちょっと割高かなって。同人誌を薄い本と呼ぶのは
比喩表現でもなんでもなかったってのはわかりました。
下中央のと右下のは、pixivの好きな絵描きさんのだったのでとりあえず買い。
上中央の2冊『魔法少女の忘れた願い』はとてもいいさやほむ小説でした(←)。
『忘れた願い』を除いたら、一番面白かったのは左上のやつ。
その発想は無かったというか。

c0139460_23105693.jpg

中野ブロードウェイで手に入れた品々。圧倒的な『シャンゼリオン』率の高さ。
いやだって、OPのフルが入った奴がどこにもなさげだし。
ビクトリーロボは完全に衝動買いというか、CD買った後に
ふらっと別の店に立ち寄ったらたまたまこれがあったから買った。
しかしビクトリーロボの玩具はやたら再現度高いわ、やたら動くはで
戦隊ロボの玩具としてはある意味究極型ではなかろうか。
他の玩具ほとんど知らないからあんまりわかったようなことは言えないけど。
ちなみにビクトリーロボの下に、確かレアもんだったはずの
黒いビクトリーロボがあったのだが
そっちの方が何故か
値段が安かったという謎。

でもアレってマックスライナーもついてなきゃダメなんだっけ?

以下巨神兵の感想。

More
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-09-27 23:25 | Trackback | Comments(0)

みんなで東京エネタワーキターーーー!!

あれ?組み合わせたら組み合わせたで文章として成り立ってる。なにゆえ。

というわけでフォーゼとゴーバスの映画見てきました。
ここ最近では一番の当たりかもしれない。





以下moreに。

More
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-08-14 15:11 | 映画感想 | Trackback | Comments(0)

トラバ項目の下に注目

何か記事ランキングとか出来てる。
毎日見てるとちょくちょく変動していて面白いです。
ナニがすばらしいって、現状では俺の一番好きな平成ライダー怪人である
ゴ・ジャラジ・ダの記事が不動の一位。
何かうれしいね。
あとは『メス in まどマギ用キャラ紹介』とか平成ガメラ怪獣の記事も結構強い。
ウルトラ怪獣はほぼ毎日入れ替わってる。
最初の頃とかノーバとかいたのに今はどこへやら。
あとウルトラ怪獣の中ではイザクが今のところTOP10に残留してたり。







それではまた次回。
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-08-13 20:50 | Trackback | Comments(0)

メス in まどマギ用キャラ紹介 第2話

『改造実験帝国 in まどか☆マギカ』第2話をpixivに投稿しました。
この記事は一般的にはマイナーであろうメス側のキャラクター(主に獣戦士)を
紹介するものです。


以下隠しときます。

More
[PR]
# by suisei-kyouryu | 2012-07-31 21:50 | Trackback | Comments(2)