「ほっ」と。キャンペーン

このブログは日常を書き綴ったり怪獣紹介をしたりQMAで単独正解したことを自慢したりするするやりたい放題のブログです。
by suisei-kyouryu
カテゴリ
全体
日常
ウルトラ怪獣
注意(俺の知り合いの方必見)
東映モノ
自己紹介
俺の趣味、嗜好大全(稀に更新)
夢日記
大映怪獣
東宝怪獣
映画感想
未分類
以前の記事
2015年 03月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
お気に入りブログ
怪獣ブログ
水増せ!明るい家族計画!?
LET‘S GO TO ...
クロマニョン~~
最新のトラックバック
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
建国記念の日
from YUK'sblog
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:大映怪獣( 4 )

イリス

c0139460_11162543.jpg
c0139460_11164826.jpg
c0139460_1117065.jpg
c0139460_1117824.jpg
c0139460_11171981.jpg


『まどか☆マギカ』面白かったですねー。
しかし、魔法少女まどか最終形態の髪の毛が
やたらと長くて、やたらとまとまってて
そしてやたらとウネウネしていたので
このイリスの触手を思い出してしょうがありませんでした。
というわけで『ガメラ3~邪神覚醒~』に登場した
イリスを紹介します。

1枚目は顔。
2枚目は全身像のつもりだが、恐ろしい程よく撮れてない。
3枚目は飛行形態。コレが雲海からいきなり現われるシーンが
最高に美しい。
4枚目は幼体。何かカタツムリみたい。
5枚目はイリスの勾玉。光っているから緑色っぽく見えるけど、
本来は黒色。


このイリスは、奈良県の南明日香村(架空の土地らしい)のほこらに
柳星張として封印されていたものだが
よそ者イジメの一環として
その封印が解かれる。

そのいじめられてた比良坂綾奈が、『大怪獣空中決戦』のときに
ガメラに両親を殺された(まぁ、両親のいたマンションにたまたまガメラが
墜落しただけなんだけど)ので、ガメラを憎んでおりまして
同じくガメラと敵対する存在であるイリスと、共感するものを感じたのか
なんとこの女イリスを育て始める。
缶詰の中身を触手から吸収する様子はとても印象に残る。

しばらく経って、ほこらのあった洞窟から抜け出し、
森林の野生動物の体液を吸収し、綾奈と神経系統での融合を試みて
洞窟に戻るが、綾奈が、ほこらを管理している守部君に
救出されて失敗。綾奈が京都に搬送されてからは、
南明日香村の村人を襲撃。これで村人の半数が死亡する。
その後自衛隊1個正体がやってくるが、それを蹴散らして
綾奈のいる京都に向かう。途中ガメラと交戦するが
自衛隊の判断ミスが味方をして、ガメラを撃退。
京都に降臨する。綾奈に向かって一直線に向かうが
そこにガメラ様再び登場。ガメラが発射したプラズマ火球を
触手で弾いて、京都市外を炎上させる。
腕の刃でガメラを串刺しにしたりと善戦するが
朝倉美都が、勾玉を奪い取ったがために動きが鈍る。
その朝倉さんもガメラとイリスの戦いに巻き込まれて死亡する。

京都駅構内でガメラと死闘を演じるが、これを退け
邪魔をする守部君を吹き飛ばし、綾奈を吸収。
だが、またしても立ち上がったガメラに、イリスの内臓ごと
綾奈をむしりとられる。ガメラの遺伝子情報からコピーした
プラズマ火球を触手の先から放つが、それを腕で受け止められ、
先ほどえぐられた傷口に返されて、大爆発しましたとさ。


主な武器は、触手から発する超音波メス。
更に、怪獣の血を吸収することによって、その遺伝子情報から
怪獣の能力をコピーすることが出来る。
もっとも、血液のないレギオンの能力は
コピーできないと思うけれど。


言われても信じられないとは思うけど
なんと元はギャオスである。
触手から超音波メスをはっしゃするところが、辛うじてギャオスを思わせる。
ただ、ガメラの血を吸ってプラズマ火球をコピーしていた描写から考えると
もしかしたら、人の血を吸いまくった結果、人の形を知らず知らずの内に
コピーしていたのかもしれない。という勝手な解釈をしてみる。
ただ、幼体の時点で既にギャオスからほど遠い姿をしていることは説明できない。
確か、元々突然変異体なんだっけ?

デザインはどこか貝っぽい。空を飛ぶ姿も似合っているけど
海からいきなり現われても様になると思う。
劇中では朱雀に例えられているような描写が歩けど、
幼体もカタツムリっぽいし、朱雀と言うより
海神って感じがする。

ちなみに、イリスが大爆発した後に、
イリスの顔に触手が繋がったような死体が登場する。
それがガメラに踏み潰されるのを見て
大笑いしてしまいました。












それではまた次回。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2011-06-05 12:28 | 大映怪獣 | Comments(11)

平成ギャオス

c0139460_1824436.jpg
c0139460_1825113.jpg
c0139460_183574.jpg
c0139460_1831985.jpg
c0139460_1841235.jpg

久しぶりの更新です。彗星恐竜です。現在私は、
久しぶりにガメラが
地上波のテレビに登場した為
テンションが上がっております。

三井住友の保険のCMだったかな。
『大怪獣空中決戦』に登場したガメラ(と思われるもの)が
そのCMにも登場しております。
そんなわけで今日は『ガメラ 大怪獣空中決戦』に登場した
平成版のギャオスを紹介します。

画像は1枚目が巨大なギャオス。複数登場したギャオスの中で
これほど成長したのは『大怪獣空中決戦』ではコイツだけ。
2枚目が幼体ギャオス。というか平成ギャオスの全身像。
大きさは人間よりちょっとデカイぐらい。
3枚目が本作の名シーンの一つ。
4枚目がギャオスの染色体。
5枚目がギャオスの頭部。やっぱりこの
角ばった初心者マークみたいのを映さないといけない気がしたもので。


このギャオスは生物兵器として作られた遺伝子改造生物。
(『ガメラ3』では人類を絶滅させるために作られたという説が登場)
自己進化能力もある程度備えており、元々光が苦手だったが
巨大化してからは目に遮光板のようなものがついた為
日中でも活動できるようになった。
あと自分で自分の性別を変えることが出来るので、
複数の個体がいなくても卵を生むことが出来る。
超音波メスはもちろん健在。

昭和のギャオスは人間しか食ってなかったが
平成のギャオスが劇中で食ったものは
人間、犬、牛肉、ギャオス
肉なら何でもござれのようである。
ギャオスがラインナップされてる理由は
生まれたばかりの頃に、雛同士で共食いしてたから。
本作で活躍するのは、共食いの末に生き残った3体である。

まずその3体のギャオスは姫神島の集落を全滅させ、
餌を求めてか、近隣の島にも出没するようになり、
初めて存在が確認される。
その後ギャオスの保護を決定した環境庁の要請で
自衛隊がギャオスを福岡ドームに誘導し、閉じ込めようとする。
ギャオスはまんまと誘導され、福岡ドームの屋根を閉じる間
ギャオスを逃がさないために用意された牛肉の山を
3体で仲良く食い散らかしていたところに
待ちきれなくなった自衛隊が麻酔弾を発射。
1体には命中し、1体は閉まりきってない屋根から逃亡。
1体は自衛隊を襲撃しようとしたが、そうなったときのため用意されていた
大量のフラッシュを浴びせかけられ卒倒。
2体は檻に閉じ込められる。
逃げた1体は石油コンビナートの近くでガメラに叩き落とされ
石油パイプに激突し爆死。
ギャオスを殺すためにガメラが福岡ドームまでやってくるが
それに気付いたギャオスが超音波メスで檻を切断し脱出。
ガメラもそれを追いその場から離脱。
逃亡した2体は後に木曽山中で発見され、
調査隊の皆様を食す。
つり橋に靴が引っかかって動けない長峰さんとこどもを喰らおうとするが
そこにガメラ登場。1体はプラズマ火球で爆砕。
1体は隙を見て逃亡、ガメラに追われるが
ギャオスを保護、ガメラを排除という方針の下
ガメラが自衛隊から攻撃され、ギャオスはそれに乗じてガメラを攻撃した上で
行方をくらます。

その後成長したギャオスが東京に出現。
電車を捕らえ、乗っていた人々を食い放題。
その際ちゃんと骨が砕けるような音がするぞ。
翌朝自衛隊に攻撃されるが誘導ミサイルを巧みに誘導し
東京タワーにミサイルを命中させこれを破壊。
そこに自分の巣をつくり、大繁殖を狙う。
その翌日。ガメラが
何故か地底から姿を現し
ギャオスにプラズマ火球を放つも、ギャオスが巣を見捨てて飛び去ったので
巣は爆砕。卵は全滅。
その後ガメラと激闘し
何故か大気圏外まで飛んでしまうが
重力からは逃げられなかった上、ガメラにもひっつかれコンビナートに向かって
落下していく。しかし偶然か意図してのことか、超音波メスを乱射していたら
自分の脚を切断。ガメラだけがコンビナートに激突し、大爆発に巻き込まれる。
そこにギャオスがやってきて、よせばいいのにコンビナートに超音波メスをあびせ
更なる爆発を起こす。
するとガメラがその爆炎を吸収し、
ものすごいプラズマ火球を発射しギャオスに命中。
首がぶっ飛んだギャオスは仰向けに倒れこみ爆散。
断末魔代わりの超音波メスを残して死亡しましたとさ。



ソフビではこのギャオスは「スーパーギャオス」と名づけられている。
『ガメラ3』にこのギャオスの更なる進化体が登場。
「ハイパーギャオス」と名づけられている。


このギャオスは昭和ギャオスの鳴き声をほとんど発しない。
急成長時に1回その鳴き声で咆哮しただけだが
『ガメラ3』のハイパーギャオスや
比良坂綾奈の回想のギャオスは昭和時の鳴き声だった。

昭和ギャオスと比べて、見た目は更に獣的になったり
目つきも凶悪になってたりしている。
















それではまた次回。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2010-11-19 20:42 | 大映怪獣 | Comments(4)

バルゴン

c0139460_16143956.jpg
c0139460_16145640.jpg
c0139460_16153643.jpg

記事はバルゴンなのに
私ときたら『メタルダー』にどハマリしてます。
もうお前ら大好きだ、戦闘ロボット軍団。

最近くそ暑くてかなわないので、『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』に登場した
冷凍怪獣バルゴンを紹介します。
冷凍怪獣来るなら来いっ♪
はねたぞとんだぞGO!GO!GO!
(これで歌詞合ってんのかな?)
画像は1枚目がバルゴン。
2枚目がその卵。
3枚目が生まれたての幼体。




バルゴンはニューギニアに生息する怪獣で、劇中では
1000年に一度現われるといわれている。
水に浸かると皮膚が溶けるとか、画像1枚目ほどの大きさになるには10年はかかるとか
雨天では武器が使えないとか、ダイヤに光に引き寄せられる習性があるとか、
判明している生態が結構多い。
劇中ではガメラの火炎から逃げており、炎に弱いかのような描写があったが
神戸港を火の海にしたり、ガソリンスタンドの爆発を
全身に浴びても平気だったくせに

まさか炎に弱いなんて言わねえよな。
卵は巨大なオパールのようである。(調べたところ、色はプレシャスオパールに近いものかと)

ガメラとは大阪城と、琵琶湖にて激突。
2作目の作品で、大阪城にて主役怪獣が4足歩行怪獣と戦う。
『ゴジラの逆襲』がそんなんだった気がするぞ。
ゴジラに対する挑戦だったのか?


コイツは結構大暴れしているイメージがあるが、壊してる建物は意外に少ない。
神戸港では倉庫とかポートタワーを破壊しまくってたが
大阪の市街地では建物を冷凍しまくっている。
ここでひとつ面白いシーンがある。
バルゴンと防衛隊の戦車隊が川を挟んで対峙している。
当然バルゴンは冷凍液で一掃するわけだが
そのバルゴンの冷凍液は
消火器を使って表現している。(マジ)
したがって飛ぶ粉が多い中あまり飛ばない粉もある。
するとどうだろう。飛距離の出ない粉が川面に降り積もり
まるで川から凍り付いてるようではないか!
意図してのことか、はたまたは偶然かは知らないが
こういう棚からぼたもち的演出も、アナログ特撮の味だと私は思うのであります。

バルゴンの主な武器はなんといっても伸ばした舌から発射する冷凍液。
あとは背中から発射する「悪魔の虹」と呼ばれる破壊光線(ってことでいいのかな?)。
悪魔の虹を鏡で反射されて、自分がダメージを負った後は
虹を発射することを自制するなど高い学習能力を見せる。
随分立派な尻尾を持っていて初戦ではガメラをはたいていた。

最初にも書いたがバルゴンは1枚目の画像の大きさになるまで
10年かかるといわれている。しかし劇中のバルゴンは赤外線の放射を
長時間受けていたため生まれてからすぐにあの大きさになった突然変異種。
よって普通なら、ただのダイヤの光に引き寄せられるはずが
寄ってこず、赤外線を通したダイヤの光でないと寄ってこないという
面倒くさい特性を持った。
ただし防御力は大したことがない。ガメラの爪の一撃で顔からめちゃくちゃ出血したくらい脆い。
まぁ水に溶けるくらいだしな。っていうか
下手したらコイツ消防車で倒せねえ?
あ、でも全身を水で浸さないとダメだから無理か。
劇中ではダイヤを持った小野寺を食っている。
一見事故のように思えるが、そうだとすれば咀嚼するのはおかしい。
多分あれはダイヤを食ったんだろうな。
ダイヤの光に誘き寄せられる習性もあるわけだし
多分宝石が主食だぜこの怪獣。


着ぐるみは、ウルトラ怪獣を手がけた高山良策氏によって製作されている。


ちなみにコイツは高低の2種類の鳴き声をもっている。
低い方は『ウルトラセブン』の恐竜戦車に、
高い方の鳴き声は『ウルトラマン』のグビラや
『帰って着たウルトラマン』のツインテールに流用されている。




余談だがガメラ映画といえば、子供が主役なイメージがあるが
この映画には子供が登場しない。
そしてそのメインストーリーときたら
もうドロドロ。
どのくらいドロドロしているかというとこの話の前半では
本作の主役である平田圭介と小野寺と関西弁の男(名前忘れた)とが
ニューギニアに宝探しに行くわけだが
小野寺が宝の分け前を多くしたいがゆえに
関西弁の男の脚に毒サソリが這っているのを
黙っていたり
洞窟を爆破して平田圭介を埋めようとしたり
更にそのことが平田圭介の兄にバレちまったので
平田・兄の妻もろとも殺したり。
あげくに小野寺は自分が持ってきたオパールがバルゴンの卵であったことを信じず
しかもバルゴンを琵琶湖に誘き寄せるためのダイヤモンドを強奪、
そのせいでバルゴンに喰われるというとんでもない死に様を迎えた。
勿論子供は飽きていた御様子だったので
次回作の『ガメラ対ギャオス』ではまったく子供向けとなった。
まぁ俺はどっちも好きだけどさ。














それではまた次回。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2010-07-10 18:29 | 大映怪獣 | Comments(2)

レギオン

c0139460_13402455.jpg
c0139460_1341517.jpg
c0139460_13421168.jpg
c0139460_13423173.jpg
c0139460_13425760.jpg
c0139460_13431518.jpg


フッ。流石映画の怪獣だけある。
設定が凝ってやがるから写真の枚数も
必然的に多くなるんだぜ。

どうも。随分久しぶりの更新な気がします。
高2にもなると勉強もより面倒くさくなるんですね。
というわけで
テスト期間の真っ只中に
更新している彗星恐竜です。

テストの手ごたえ?
Writingが絶望的でしたが何か。

今日は『ガメラ2 レギオン襲来』に登場したレギオンを紹介します。
昔風に肩書きをつけるなら電磁波怪獣といったところか。
電磁波怪獣来るなら来いっ♪(分かる人いるんだろうか)
1枚目はマザーレギオン。
2枚目は横から見たマザーレギオン。というか後ろの脚を撮りたかっただけ。
3枚目は頭部の角を開いたマザーレギオン。
4枚目は頭部の角を折られブチギレ状態なマザーレギオン。
眉間(といっていいのかどうか)から赤い触手を発射する。
5枚目はマザーレギオンから生み出されるソルジャーレギオン。
これが本編ではウジャウジャ出てくる。
6枚目はレギオンと共生関係にある宇宙植物。レギオン草体とも呼ばれる。

レギオンは隕石にのってたまたま辿り着いた地球を自らの巣にしようとする。
草体は爆発のエネルギーで種子やレギオンの卵を
宇宙空間に発射する(巣別れの行為らしい)ために
空気中の酸素の濃度を高める。(酸素も濃度が高すぎると地球生物にとってもである)
ソルジャーレギオンは電波で他の個体と会話するため携帯、ラジオなど
電波を発するものを意思疎通の障害として片っ端から破壊していく。
つまり携帯を持っている時点でソルジャーレギオンの標的というわけだ。
劇中では電波を発するものを持っているか持っていないかで生死が分かれた。
ここまで現代文明の敵となる要素を持ち合わせた怪獣も珍しい。

最初にレギオンが確認されたのは北海道のビール工場であった。
マザー、ソルジャーレギオンはシリコンをエネルギー源としているので
ビール瓶を片っ端から食い散らかしていった。(ビールはほったらかし)
その後ソルジャーが札幌の地下鉄に出現し、電波を発するものを持っている人間を殺戮。
草体がデパートを突き破って出現し周囲の酸素濃度を順調に高めていった。
勿論平成3部作では地球の守護者であるガメラが
地球の敵である生命体に対し黙っているはずがない。
すぐに札幌に出現し、大きく息を吸って酸素濃度を正常に戻し、
草体をプラズマ火球で焼いたあと文字通り根こそぎひっくり返してしまう。
と同時にガメラの体にソルジャーレギオンが群がり
ガメラに一時撤退を余儀なくさせた。
そのときマザーレギオンも地中から出現し飛び去ったが
空自のミサイルで羽を失った。

しばらく経って今度は仙台に出現し拠点にする。
またしてもガメラが出現するが
今度はマザーレギオンが直々にガメラを阻止しようとする。
角を開いて収束させてマイクロ波を発射するなどして
ガメラの甲羅をガンガン突き破り、傷を負わせていく。
あらゆる武器を使いフルボッコにしたあともう十分と見たか地底へと去る。
しかしガメラに止めを刺さなかったのが災いして発射されようとした種子は
ガメラに受け止められる。しかし爆発自体は起こったので
仙台消滅!爆心地にいたガメラは炭化したかのごとく活動を停止。

2回も巣別れを邪魔され必死になったレギオンは東京を目指す途中で
群馬に出現。防衛ラインを張っていた陸自の戦車隊に対して

c0139460_14511133.jpg

これを更に超える規模の爆発を起こし
殲滅するレギオン。

どうみてもオーバーキルですね。
あ、言うまでもないと思うがこれ火薬で表現されてっからな。

戦車隊をなぎ払ったあと空自に攻撃されたので、卵巣から
ソルジャーレギオンの大群を生み出す。
ソルジャーの5体に1体は弾幕をすり抜ける。
第1時防衛ラインをマザーが突破した辺りでガメラ復活。
プラズマ火球を3発発射されるが干渉波クローからの電磁波で
全て中和してのける。すぐにマザーはソルジャーを呼び寄せようとするが
名崎送信所が最大出力で電波を発信したためソルジャーはそっちにつられてしまう。
アンテナに群がっているところをミサイルで殲滅されるがそれは後の話。
マザーは第2次防衛ラインに迫るがガメラに食い止められ、
ガメラが味方であることを悟った自衛隊の援護射撃で干渉波クローの大半を失う。
よってガメラのプラズマ火球も防ぎきれず。
収束させたマイクロ波を撃つが角を閉じる前にガメラに角を掴まれ、
根元からボッキリと折られてしまう。
死んだかと思われたが目を赤くして起き上がりブチギレ状態となり
怒りのままに触手でガメラを貫いていく。
圧倒的優位にたったがガメラが最強技の元気玉ウルティメイトプラズマをつかったので
マザーは跡形もなくなってしまったのでした。


主な武器は角を開いて発射する収束させたマイクロ波。
戦車隊をオーバーキルしたのもこの技。
どーゆー環境にいたらこんな武器持つほどの進化をするのかと。
他には顔付近についてる干渉波クローから出す電磁波による防御。
正確には相手に攻撃のエネルギーと全く同じ波長の電磁波を出して
それを中和するらしい。つまりエネルギー系の攻撃は威力に関係なく防げる。
ウルティメイトプラズマも例外ではなかったはず。
逆にシリコンばっか喰ってるので珪素質の体になっているため
実弾攻撃には弱い。
実際干渉波クローはミサイルで簡単に砕けていた。
体から出す電磁波で誘導ミサイルの照準を反らすことができる。
あとは大槌腕(後ろ足)による突きとか刃の如き切れ味を持つ角とか。
体に筋肉はなくガス圧で動いている。

俺の気のせいかもしれんが随分といろんな宇宙怪獣の面影が見られるような気がする。
頭が刃の如き切れ味をもつところはギロン。
どことなくジグラっぽく見えなくもない。
バイラスにはみえねえなぁ。
実際にはギララのイメージを投影させているという。うそーん。
あとは随分色んな節足動物の特徴も見られる。(虫とかエビとか)

名前の由来は聖書の一節より。
「お前は何だと主が尋ねられたときそれは答えた。
わが名はレギオン。我らは大勢であるがゆえに。」




ちなみにねぇ。平成ガメラシリーズは全部ゲオにあるんだけど
『ガメラ2』だけ買ったよ俺は。
だってこれだけマトモに本編見たことなかったんだもん。











それではまた次回。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2010-05-18 15:41 | 大映怪獣 | Comments(2)