このブログは日常を書き綴ったり怪獣紹介をしたりQMAで単独正解したことを自慢したりするするやりたい放題のブログです。
by suisei-kyouryu
カテゴリ
全体
日常
ウルトラ怪獣
注意
東映モノ
自己紹介
俺の趣味、嗜好大全(稀に更新)
夢日記
大映怪獣
東宝怪獣
映画感想
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2015年 03月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
怪獣ブログ
水増せ!明るい家族計画!?
LET‘S GO TO ...
クロマニョン~~
最新のコメント
>ガメラックマ様 ..
by 彗星恐竜 at 13:07
ブログ主、死んじゃったの..
by ガメラックマ at 04:35
>スカイライダー・クウガ..
by 彗星恐竜 at 17:32
ジャラジがかわいそうでし..
by スカイライダー・クウガ大好き at 15:32
>pon様 お読み..
by 彗星恐竜 at 16:06
こんばんは彗星恐竜さん「..
by pon at 22:06
>ざんぶろんぞ様 ..
by 彗星恐竜 at 15:51
某模型掲示板で「まどかと..
by ざんぶろんぞ at 19:28
>pon様 個人的..
by 彗星恐竜 at 15:06
マナー映像が良かったので..
by pon at 19:44
最新のトラックバック
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
建国記念の日
from YUK'sblog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:東映モノ( 18 )

サラマンデス

c0139460_19193362.jpg
c0139460_19321129.jpg
c0139460_19322380.jpg
c0139460_19394696.jpg
c0139460_19405241.jpg
c0139460_19422659.jpg
c0139460_19423461.jpg


ハッピーニューイヤー!
笑ってはいけないを見ながら更新しております彗星恐竜です。
今年は辰年ということで、持ちうる限りの龍怪獣または怪人を紹介したいと思います。
その第1弾として、『救急戦隊ゴーゴーファイブ』に登場した災魔一族の
龍皇子サラマンデスを紹介します。

画像は1枚目がサラマンデス全身図。
2枚目が顔。
3枚目が幼少時の童鬼ドロップ。
4枚目が幽魔王サラマンデス。
5枚目が幽魔王の顔。
6枚目が幽魔王の胸の冥王の星。
7枚目が空飛ぶ幽魔王。あまりにカッコよかったので。

彼は赤子の頃から童鬼ドロップとして、災魔四兄弟の末っ子として
作戦を立案(「ドロップー」としか喋れないため執事のピエールが通訳する)、
火属性のサイマ獣を操る。
第15話にて初出撃。ゴーピンクに「可愛い」と評されたが
念力や火炎攻撃といった凶悪な能力で(グリーンを除く)ゴーゴーファイブを蹂躙したかと思うと
不覚にもおもらしをしてしまい攻撃を中断。
執事のピエールがその処理をしている間にサイマ獣が倒されてしまうという失態。

長兄のジルフィーザが22話にて死ぬと、彼の冥王の星を受け継ぎ繭となり
26話で龍皇子サラマンデスとして覚醒。その前にパイロキネシスの能力を持つ
少年の姿で放浪してゴーゴーファイブに保護されたりした。

当初は兄や姉に従順な弟を演じていたが、第30話の作戦が失敗したことによって
兄や姉にボロクソ言われたため本性が爆発。
普通に馬鹿にしたり、作戦の妨害を企んだりする。
そして39話にてピエールの家宝の無間連鎖カードを組み込んだサイマ獣で
ゴーゴーファイブを後一歩まで追い詰めるも失敗。
母の大魔女グランディーヌにボロクソ言われて、兄や姉にも罵倒され
ゴーゴーファイブへの憎しみを燃やす。

そして42話でピエールから幽魔地獄の鍵をもらい
幽界衛兵災魔カオスと共に、ゴーゴーファイブを
サイマ獣の魂が集う幽魔地獄へ引きずり込むも
カオスが持つ幽魔災魔を操る杖を破壊されてしまい、
幽魔地獄を脱出しようとするが、グランディーヌに鍵を破壊され
そのまま地獄に閉じ込められる。
何故か「これも全て
ゴーゴーファイブのせいだ」とぬかし

ゴーゴーファイブへの憎しみをいっそう強める。
43話でピエールのアドバイスにより、幽魔災魔を食らい
幽魔王サラマンデスへと変貌。カオスと共に幽魔地獄を脱出し、
更なる力を求める。そこでピエールが幽魔ツリーの術を使い
人間の生命エネルギーをサラマンデスに分け与える。
どんどん強くなり調子に乗って「俺は今、大魔女グランディーヌさえも超えたのだ!」とぬかす。
エネルギーを吸収しまくった結果巨大化。何故かカオスも巨大化して大暴れ。
ライナーボーイを刺したり、ビクトリーロボのブレイバーソードとやりたい放題。
そこに超巨大ロボグランドライナーが加勢。タックルされた上に
グランドファイヤーをぶちこまれそうになるが、カオスに決死の覚悟で庇われる。
そこで幽魔ツリーからさらにエネルギーをもらい、羽からなんか凄い衝撃波を出して
グランドライナーを撃退。そこにビクトリーマーズが加勢、ビクトリーロボが
ライナーボーイと合体してマックスビクトリーロボとなるも
相変わらずなんか凄い衝撃波で圧倒。だが幽魔ツリーからエネルギーの供給が途絶え
一気に劣勢に。マックスビクトリーロボの砲撃を受けた上に、マーズフレアを受けて
幽魔王サラマンデスはついに滅ぶ。

しかし49話でグランディーヌによって復活。
人格が妙に小者臭くなっていたのは
たぶんグランディーヌの仕業。
意思を奪われた状態のジルフィーザをしもべとして引き連れて、盾にしたりするが
ゴーグリーンの一言によって、ジルフィーザが中途半端に意思を取り戻し
半ば錯乱状態(壊れたラジオみたいに「弟よ・・・弟よ・・・」と繰り返す)になったのでこれを始末。
その後グリーンとブルーに出力がどうかしてるとしか思えないゴーブラスターをぶっぱなされる。
そこで大魔女グランディーヌによって、ジルフィーザと共に最強の破壊獣へと姿を変え
サラマンデスの意思は完全に滅びたのでした。

ドロップ時の主な能力は、念動力と火炎放射。
サラマンデス時には槍を使うようになる。
幽魔王時には尻尾で敵を叩きのめしたり、剣を溶かしたり
空を飛びまわったり羽からなんか凄い衝撃波を出したりする。

このお美しい顔に緑川光氏の美声が加わり、龍皇子の名に
相応しいキャラクターになっております。
49話のときのサラマンデスには
ブレドランに似た何かを感じたけど。
声の上ずり具合とか丁度そんな感じ。
あ、俺的には彼はあくまで「龍皇子」であり「龍冥王」ではなかったり。
彼には皇子という肩書きこそ相応しいと思うの。















それではまた次回。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2012-01-01 00:00 | 東映モノ | Trackback | Comments(0)

クラゲノイド

c0139460_13291369.jpg


ザ・ガリブルに続く誰得怪人第2弾。
今週配信された『ジバン』で、バイオロンがジバンに対し
圧倒的大勝利をおさめた記念に
『機動刑事ジバン』第16話に登場したクラゲノイドを紹介します。

バイオロンとは(多分)バイオテクノロジーで生み出されたバイオノイドを使い
人間には不可能な犯罪を起こし、ひいては人類の堕落または殲滅を狙っている組織。
基本動物モチーフだが、第3話にしてドロノイドなんてのが登場してるあたり
厳密にする気はさらさら無かったようだ。

このクラゲノイドは完全に透明な姿になりたかったらしく、
透明人間になる薬を作るべく日夜研究に没頭する野呂博士の家に、
クラゲに化けて潜入する。野呂博士がひょんなことから透明人間になる薬を
偶然作り出し、実験しに外に出て行ったところで変身を解除。
クラゲノイドの姿となり、博士が置いていった透明薬を奪取、バイオロン基地に帰還。

透明薬を手に入れたクラゲノイドを、
首領のドクター・ギバが労い、透明薬を欲しがった理由を語りだす。
「この透明薬をこども達に飲ませたらどうなる?万引きや盗みなど思いのままだ!
透明人間になった子供たちに悪の心が芽生え、悪の楽しみが植えつけられる。
それが大人になったらどうなる?この世は泥棒だらけだ!ハッハッハッハ」
小さい、小さいぞギバ様。
ちなみに透明薬はバイオロンの技術でも作れないそうです。
ギバ様は透明薬を量産すべく、開発者の拉致をクラゲノイドに命じる。
あんたらで薬を解析した方が早い気がしますが。
「じゃあまずワシが」と言って透明薬を飲むクラゲノイド。
貴重なサンプル飲み干すな!

晴れて透明になったクラゲノイドは透明なのをいい事に
パトカーを持ち上げたり警察をフルボッコにする。
遊んでないで仕事しなさい。
その後同じく透明になっていたものの、息子の発想で包帯巻いたり服着たりして
なんとか透明状態から脱した野呂博士を拉致。
またしても透明なのをいい事に、追って来たジバンをフルボッコにする。
気を取り直して野呂博士を攫おうとするも、その息子が
クラゲノイド(がいると思われるところ)に着色スプレーをかけたところ
腕のみ可視化。更にジバンが攻撃すると全身可視化。
泡とか触手とかで健闘するも、触手を斬られてジバンエンドされてご臨終。

どうしよう。透明になったことと声が依田英助って事くらいしか覚えてないよ。
ジバンとの戦闘で、コンクリートを溶かしたり爆発したりする泡を出していたらしい。

「クラゲ怪人には(例えゴミ袋みたいなのでも)透明なパーツがあってしかるべし」という
謎の信条をもつ自分としてはあまり好ましくないクラゲノイド。
でも、バイオな感じがして凄くカッコいいのもまた事実。
うん、頭のかさのふちあたりに、透けていてヒラヒラしているものがあるっちゃあるんだけど。


ちなみに今週東映公式チャンネルで配信された『ジバン』は
幹部のジバンキラー・マッドガルボとバイオノイド・サイノイドが
宇宙生物の遺伝子でパワーアップし
ジバンを殺すという内容でした。
やったねバイオロン。邪魔者がいなくなるよ。
これからどうなるか来週が楽しみであります。














それではまた次回。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2011-11-26 14:14 | 東映モノ | Trackback | Comments(0)

ザ・ガリブル

c0139460_1815694.jpg


いよいよ怪獣紹介でも、どのあたりに需要があるのか
俺にも分からない奴を
取り上げることになりましたが

そんなの全く気にしません。俺は。
『フラッシュマン』世代の方が来てくださることを信じて、
今日は『超新星フラッシュマン』第7話に登場した
改造実験帝国メス所属、獣戦士ザ・ガリブルを紹介します。
画像の画質かつてない程悪いのは、
you tubeの映像を撮影したためです。

改造実験帝国メスは生命豊かな星にやってきては
その星を実験場とし、獣戦士のような改造生物を作る組織である。
彼等が使役する獣戦士は、メスの最高幹部である大博士リー・ケフレンが
遺伝子シンセサイザーを用いて、様々な宇宙生物や地球の動物の遺伝子を
組み合わせて作る生命体。このザ・ガリブルにはカメレオンの皮膚組織が
使用されているという。ちなみに獣戦士は喋れない。


ザ・ガリブルは幹部レー・ワンダと共に、フラッシュマンの面々が遊びに来ていた
遊園地に襲来。フラッシュマンは変身し、お決まりの名乗りをかまし戦闘に突入するが
いつの間にか保護色で消えてるガリブル。神出鬼没の戦法でフラッシュマンを翻弄するが
たまたま飛んできた色とりどりの大量の風船が体にまとわりついた結果
皮膚の色素細胞が異常を起こし、保護色が使えなくなったので、
暗がりに逃げ込むガリブル。暗がりといっても、廃倉庫みたいなところだったので、
その暗さはたかが知れてると思いきや
何故かガリブルを全く
視認できないフラッシュマン。
どういうことだオイ・・・

フラッシュマンが退却。しばらくフラッシュマンはカメレオンについての勉強、
ブルーは一人でガリブル攻略のための風船を調達しに行くことになる。

しばらくして再登場。すっかり元に戻った保護色でフラッシュマンをまた翻弄するが
風船を持ったブルーが到着。色とりどりの風船をぶちまけられて
色素細胞に異常発生。時既に遅いと言うのに、風船を破壊する
ウルク&キルトや戦闘員ゾローが見ていて可笑しい。
その隙を突いてフラッシュマンは、ローリングバルカンで
ゾローごとガリブルを爆殺するも、ガリブルはワンダ様が呼んだクラーゲンにより巨大化。
舌を伸ばして、フラッシュキングを締め上げるが通用せず
フラッシュキングのレインボービームなる技で、色とりどりの光を浴びせられ
保護色を使う前に封じられ、、必殺のスーパーコズモスラッシュで
上半身が大爆発して果てましたとさ。


カメレオンの遺伝子を使用している割に、どう見てもシロイルカにしか見えないガリブル。
外見だけ考えれば、カメレオン的要素は長い舌くらいしかない。
だがそれがいい。きっとよく分からない宇宙生物の遺伝子が
組み込まれてるんだろうなとか、色々妄想できるじゃないですか。

獣戦士は本当に見ていて楽しい怪人(怪獣?)ですね。
なんというか、この獣的な外見が素晴らしいと思うんですよ。
メスについて語ることはといえば、大抵のことは
何個か下の記事で語っちゃってるので、そちらを参照されたし。

ちなみに『フラッシュマン』はまだ視聴途中。
これからどうなるか、楽しみであります。















それではまた次回。


追記:何個か下の記事で、言ってないことがあった。
サー・カウラー様マジシブイっす。
某ニコニコで「美中年」と呼ばれていた理由も頷ける。
しかし、まさか大教授ビアス様と役者が同じだったとはなぁ。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2011-10-06 18:43 | 東映モノ | Trackback | Comments(0)

奇跡

c0139460_1041651.jpg
c0139460_10411897.jpg


石原慎太郎は今度の都知事選には出ないようで。
代わりに、似たようなのが出馬するけど。
まぁ、今後はゆっくりと余生を過ごしてくださいね。

どうもどうも。
テスト期間の真っ最中ですが、
ブログを更新している彗星恐竜です。

本日は『アバレンジャー』第36話に登場、第43話で再登場した
ギガノイド第9番『奇跡』を紹介します。

画像は上が前から見た奇跡。
下は横から見た奇跡。
何故意味もなく画像が2枚あるかって?
俺のお気に入りだからに決まってる!

ギガノイドとは、ダイノアース(簡単に言えば別次元)に
本拠地を構える、邪命体エヴォリアンに所属する
無限の使徒ヴォッファが創造する巨大な邪命体。
その創造方法は
1.エヴォリアンの本拠地、侵略の園にある
ピアノらしき楽器で音楽を奏でる(普通の電子ピアノでもOK)。
2.楽譜のような見た目のエネルギーが出現。
3.それに命の実を与えると、実体を持ちギガノイドが誕生する。
ちなみにゴミ山や恐竜の化石、人間など
アナザーアース(要は我々の住む地球)のものを
素材にギガノイドを作ることも出来る。
名前は総じて、ギガノイドを創造するときに奏でた
音楽の名前となっている。
この『奇跡』の名前は、ハイドンの交響曲第96番が元ネタとなっている。


第36話では、アナザーアースに送られた後は、客船に同化し
なんでも願いが叶う船(確か『奇跡の船』だったか)となって
人間の欲望を吸い取り、より強力に成長していく。
もっとも、実際に人間の願いを叶えているわけではなく、
幻影を見せて、叶えているように見せかけているだけなんだが。
ひょんなことから、アバレブルーこと
三条幸人&何故か人間と化してしまった爆竜トリケラトプスに怪しまれ
船に潜入されるが、船内(と言うか体内)に戦闘員バーミア兵を召喚して応戦するが
トリケラトプスがまた唐突に元に戻り
ヴォッファの命令でやむを得ず船と分離。
アバレンオーとの対決になるが、正攻法では全く敵わず
自らは姿を消して、マックスオージャの幻影を出して応戦。
しかしトリケラトプスに見抜かれて、爆竜電撃ドリルスピンを受けて爆散。
出番はめちゃくちゃ短かったぜ!
第43話では、ギガノイド第11番『不滅』と融合した生命の樹から
第10番『悲劇的』と共に召喚された、ギガノイド・ルネッサンスとして登場。
『悲劇的』はキラーオーベイルスノコドンによって、先にやられてしまったが、
『奇跡』はそこそこ健闘。でもやっぱり、仲代命を救い出した
アバレンジャーの操縦するアバレンオーに瞬殺されましたとさ。

再生怪獣は、初登場時より弱くなってしまうのが基本だが
この『奇跡』は、そもそも初登場時の活躍が皆無なので
再生後のほうが活躍しているという
珍しいパターンだった。

ルネッサンスの方が全身像撮りやすかったし。

個人的には、『奇跡』がギガノイドの中で1番のお気に入りだ。
まずこの、数分の出番しかないとはとても思えないこの派手さ。
不死鳥っぽくて炎っぽくてさ。めちゃくちゃとげとげしいの。
超獣に近いもんがあると思うんだ。
口が横開きっていうのも、個人的にはグッドポイント。
それでいて鳴き声はドラコそっくりと来たもんだ。
好きにならないわけがない。
それだけにルネッサンスになったら、『悲劇的』共々鳴き声が変わっていたのが残念だ。

ちなみに、ギガノイドの登場回には、必ず元ネタとなった交響曲が
本編に流れるのがお約束となっている。
この回では、恐らく船内で流れていた曲が、
ハイドンの交響曲第96番だと思う。















それではまた次回。





超どーでもいい追記:今日マジアカをやってみたら、俺得問題が2問も出て吹いた。
かつお節、昆布、シイタケに含まれている旨味成分を問う問題(単独正解してやった。
コレが『ラーメン発見伝』の力だ)、そして西尾維新の小説がどれかを問う、
1問多答問題。(コレも単独正解。兄貴にマジ感謝)
2回も単独正解すると、
やっぱり気持ちいいね!

[PR]
by suisei-kyouryu | 2011-02-27 12:09 | 東映モノ | Trackback | Comments(4)

メ・ガドラ・ダ

c0139460_9395892.jpg
c0139460_9402936.jpg


ドサドギグゴパスラゲビ(ギバショグリャブ)


というわけで引き続き週刊少年マガジン
第4・5合併号に掲載されている『さよなら絶望先生』をオススメしますよ。
合併号だから再来週まで読めるぜ!


今回は『仮面ライダークウガ』第17話に登場した
トラ種怪人メ・ガドラ・ダを紹介します。
画像は上が人間体。下が怪人体。


ガドラはバルバの足元に落ちていた、未確認生命体第24号(メ・ギャリド・ギ)の
死亡を伝える新聞を見て「俺が25号だな」と言う。
その後変身し「ギブグジバンゼバギングゲギドビンボソグ」と言うルールをバルバに申請。
「6時間で72人だな」とバルバさんは丁寧に日本語訳しつつこのルールを許諾して
ゲゲル開始。手に装備しているメリケンサックで大殺戮。
そこにクウガが登場。「ビズン バズザベ ヅジョブバス メ・ガドラ・ダザ!」と高らかに名乗り
戦闘開始。戦闘は夜まで続いたがクウガのマイティキックを受けて死亡しましたとさ。


え?何?随分短い?そりゃあだって、この方が登場した回は不幸なことに
総集編だったんだから。
しかも登場したのは1話のみ。戦闘になったと思ったら要所要所に
これまでのおさらい的な映像が挿入されるもんだから。
この記事で「戦闘は夜まで続いた」としか書いてないのは、
映像が終わったら、もう夜だったんだから細かい描写が出来ないのは仕方がない。
ただね、総集編でもなんでもなかったのに
出番が端折られまくってた
バベルさん比べれば

どうってことないような気がするんだ。


普通グロンギは、驚異的な再生能力を持っているが、このガドラは
「ビズンバズザベヅジョブバス」という肩書きに則って、その能力をあえて封印している。
ゆえに人間体の目元にも傷跡があったりする。
しかし、腹部に残っていた傷跡にマイティキックを受けて死亡している。
最近完全復活したブレドラン風にいうなれば、なんと痛快な皮肉だ!
手にはメリケンサックを装着している。ゴに昇格しようと狙っているのか
グロンギの間ではメリケンサックは武器として認められないのか。


人間体は黒いシャツに黄色の腹巻、ズボンは短パンと
(グロンギにしては)結構普通の格好をしている。他のグロンギはとんでもないぞ。
24号メ・ギャリド・ギは、素肌に安全ピンを刺していたり
26号メ・ギノガ・デは
完全にオカマの服装だったりと
凄まじき人間体たちがいるんだから。















それではまた次回。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2010-12-25 10:14 | 東映モノ | Trackback | Comments(4)

テナガマン

c0139460_11583967.jpg
c0139460_11584943.jpg


『ロボット刑事』に登場したバドーのロボットや、『ゴセイジャー』のマトリンティス帝国、
そしてとどめとばかりについさっき『地球防衛軍』を視聴したので、
わが脳内は空前のロボットブームに。
というわけで今回は『ロボット刑事』の第2話に登場し、
そのネーミングから行動の一つ一つに至るまで
いちいち俺を笑かしてくれた
テナガマンを紹介します。

画像は上がテナガマン通常形態、
下が俺を爆笑させたテナガマンの一輪車形態。
ワッカマンの仕事を引き継いでいるので契約者は同じく黒田。
すぐ下の記事を参照されたし。


まずテナガマンは、ワッカマンが殺し損ねた伊達を殺害。
伊達は死の間際に、10億の隠し場所を意味する暗号を言ったが、
それを解いて黒田に教えたのはテナガマンだと思われる。
テナガマンは黒田から分け前の5億円を受け取ろうとするが
黒田がそれを拒否。黒田の乗った車に轢き飛ばされる。
もちろん効くはずもなく、契約を一方的に破った黒田を
あの笑撃の一輪車形態で追跡する。
黒田が車から降りたところで、芝刑事やら新條刑事やらKやら邪魔者が入る。
Kの相手をしているうちに黒田に逃げられる。
その後黒田が潜伏するホテルに侵入し、10億円を強奪。
支払い場所と思われる河原にその10億を持って行き
バドーのヘリコプターに現金を輸送させようとする。
そこにKが登場。ヘリコプターは10億円と一緒に爆破される。
おいおいそのヘリ、
まさか人は乗っちゃいないよな?

一輪車形態で腕を伸ばしてジャイアントスイングという斬新な戦い方をしつつ
Kを肩車すると、乗ってきた車に突進し、Kもろとも
自爆しようとするがKは脱出、テナガマンだけが大爆発した。
ちなみに黒田はこの後殺されている。

主な能力は、手を伸ばすこと。ゴムゴムな感じではない。
手を伸ばして鞭みたいにぶん回したり、遠くの標的を絞め殺すことが出来る。
あとは口に音波破壊砲を装備している。
背中に車輪を背負っており、足を引っ込めてその車輪で立つことによって
例の一輪車形態が完成する。意外と速いぞ。


コイツね。行動がいちいちコミカル。
まずバドーの集金人としての格好がおもしろいぞ。
怪しげな黒い帽子に、裏地が赤の黒マント(死神博士が羽織ってるアレ)。
そしてヘリコプターに自分の位置を示すときは
被ってる帽子をブン回す。
ロボットなのになんて原始的な方法だ。
そして10億をヘリから降ろしたワイヤーにひっかけたときは手を振って「オッケーイ!」。
悪いことは言わんから自分で
手を伸ばして届けてはどうだい。




なんとなくカラーリングと頭の形がウルトラマンに似てる気がするが多分邪推。















それではまた次回。





どーでもよすぎる追記
     ↓
ちなみに富山県では
未だにウォースターが健在です。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2010-10-04 12:38 | 東映モノ | Trackback | Comments(2)

ワッカマン

c0139460_18274587.jpg
c0139460_1828128.jpg


面白いじゃねーか『ロボット刑事』!
前々から気になってはいたが、いざツタヤ借りてみると面白いこと面白いこと。
そんなわけで今日は『ロボット刑事』第1話~第2話に登場した
バドー犯罪組織のレンタルロボット、ワッカマンを紹介します。

画像は上がワッカマン。下が契約相手の黒田。

バドー犯罪組織とは犯罪を行おうとする者と契約し、
適当なロボットを貸し与える組織である。
もちろん無償ではなく、その犯行によって、契約者に生じた利益の
半分をレンタル代としている。
ただね。契約者を見つける過程が中々凄いんだぜ。何が凄いって
ロボットが自分で仕事を取ってくるんだぜ。
なお仕事の途中に、貸し出されたロボットが破壊された場合、
すぐさま別のロボットが派遣され仕事を引き継ぐことになっている。
ちなみにレンタルロボットのネーミングは総じて「~マン」である。

このワッカマンは10億円強盗事件の犯人の1人、
黒田が刑務所から出所したところを見計らい接触。
共犯者の伊達と岡崎が、本来3人で分けるはずの10億円を
2人で分けるつもりであることを教え、
伊達か岡崎に10億円の隠し場所を聞きだした上で殺すという
殺人契約を成立させる。
まずは岡崎の部屋に人間では不可能な方法で侵入し、殺害する。
その後現場に現われたロボット刑事Kに追われるが、
体を分離させてその場を切り抜ける。
続いて、ヨットで逃げた伊達に10億円のありかを吐かせる為、ヨットに侵入。
しかしまたもKに邪魔されて戦闘になる。
体を分離させるトリッキーな先方で挑んだが、復元装置の場所がばれた為、
そこを攻撃されて大破した。


主な能力は、体を円盤状(どう見ても輪ではないのでコイツの名前は
エンバンマンでも差し支えないと思う)に分離させること。
この能力を駆使して、人間では絶対入れない場所から侵入した。
あとは、左手が変な形の銃になる。これで岡崎を殺害した。
弱点は左胸の復元装置。

残念ながら全身は映せなかったが、こいつ結構いいデザインしてんのよ。
なんてったって下半身が全身タイツ丸出しじゃねーのよ。
昭和の東映怪人といえば、俺はライダー怪人とドルゲ魔人しか知らないから
結構新鮮に思えたのよね。



ちなみに俺が一目見て気に入った奴は第8話に登場するカミナリマン。
でもかなしきかな俺が借りた第1巻は
第7話までしか収録されてなかったんだ。
なにせカミナリマンの写真が第1巻の箱の裏にも貼り付けてあったから。


















それではまた次回。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2010-09-30 19:26 | 東映モノ | Trackback | Comments(8)

モチベトリ

c0139460_13371334.jpg


コイツはね。是非とも1月中にやりたかったのね。
なのに週末課題やらなんやらでズルズル引き伸ばして
最終的に俺の誕生日から5日も経っちまったというわけですね。
さぁさぁ皆さんの家にもまだお餅は残っているでしょう。
十何個くらい余裕で残っていますよね?
え、まさかうちだけ?
とまぁ残った餅を食べるときは
こいつのことを思い出してあげてくださいな。
と言うわけで今日は『シンケンジャー』第三十七幕に登場した
アヤカシのモチベトリ。関西弁を喋るアヤカシ。
そういえば『シンケンジャー』も明日で最終回ですね。
富山は未だに第二十一幕ですが。
じゃあ何で三十七幕に登場するこいつの写真を持ってるのかって?
スカパー大開放デーのときに録って撮ったのさ。
画質が妙に悪いのはそのため。

アヤカシと言うのは三途の川にすんでいる化物で
いつもどこかしらの隙間からこの世に現われる。
目的は三途の川を氾濫させることであり
そのためには人間の苦しみが必要不可欠。
しかし単に苦しみの量が多ければいいというわけではなく質も重要。
100人の苦しみよりたった一人の重い苦しみの方が効くそうである。
そしてアヤカシは命を二つ持っている。
1回死んでも巨大な状態で復活することが出来る。

ちなみにアヤカシの大半が伝承として残っている。
つまり今より前のシンケンジャーが
少なくとも30体以上アヤカシを
取り逃がしていると言うことである。



初登場時町を破壊しまくるモチベトリ。
目から出すほっそいビームのどこに
ビルを破壊するほどの破壊力があるのかは
とりあえず放っとく。

現われるシンケンジャーに破壊活動を妨害されるが
青と緑を左肩から発射するとっておきのもちつぶてでくっつける。
サイクロントリガーとか言わない。
その後金色に秘伝ディスクをぶつけまくられしゃーなく退散。
それが理由で六門船で御大将であるドウコクにしゃーなく始末されそうになるが
彼の上司であるアクマロが助け舟を出し、
シンケンジャーの青緑をくっつけたことを報告されたので処刑は免れる。
そこで骨のシタリが一言。
「お前さん、そんな技が使えるんなら最初からそれで
人間どもをくっつけまくってやればよかったんじゃないかい?」

2回目にこの世にやってきたときはその言葉を忘れずに
人やら車やらをくっつけまくって大混乱を引き起こす。
まだくっついてないシンケンジャーをも罠にかけもちつぶてでくっつけまくり
なんともお間抜けな状況にしてしまう。
だがくっついてるうちに息を合わせる気になった
流ノ介(青)と千明(緑)が登場。
「この勝負、もろたわ。」と余裕綽々だったが
サイクロントリガー青と緑の息がばっちり合っているので
圧倒されるモチベトリ。BGMのせいで燃えまくるったらありゃしないこのシーン。
ウッドスピアとウォーターアローで一の目を撃破される。
一の目時に放ったもちつぶては消滅したが
ほんまごっつぅ怒ったモチベトリの二の目が発動。
でもモウギュウダイオーとイカダイカイオーとダイゴヨウに瞬殺されましたとさ。


主な武器は白埴鋤歯又(しらはにすきばのまた)と言う名の
巨大フォークである。
餅のくせに何で武器がフォークなのかと。
他には目からビームだしたり
左肩から色々なものをくっつけるもちつぶてを発射する。


ちなみにアヤカシはデザイン上のモチーフが必ず二つある。
コイツの場合1つは当然餅。もう1つは幼虫らしい。

声は『りーち』と言う名の謎の人物。してその実態は?
アヤカシのスーツアクターだったりする。


ちなみにこいつが登場した週の『仮面ライダーダブル』に登場した怪人は
クリーム(白くてベタベタしたもの)での拘束を得意とするスイーツドーパント。
不覚だったんだろうが能力が被ってしまっていた。


現代の伝承では「べとべとさん」なる妖怪がいるとされる。
べとべとさんはべとべとと湿ったような足音の化物らしい。
おそらくべとべとしたモチベトリの迫る音が
「べとべとさん」伝承のルーツであろう。














それではまた次回。



追記:今週の富山の『シンケンジャー』は
入試対策の番組で休止ですって。

おのれディケイド
KNBィィィィィィィ!!

(鳴滝ヴォイスで脳内再生しましょう)

ついでに:遂に富山県で『ディケイド』の
シンケンジャー編が放送されることはなかった。

おのれディケイドォォォォ!!
[PR]
by suisei-kyouryu | 2010-02-06 15:10 | 東映モノ | Trackback | Comments(0)

フーセンバンキ

c0139460_22403582.jpg


ハッピーニューイヤー!

今更かよとか言わんでくださいよ。
千葉県浦安市にいながらにしてどうやって更新しろってんですか。
どうもどうも。
大晦日ディズニーシーで遊び明かしてきた
彗星恐竜です。

海賊船のシンボルマークがもろ大ショッカーだったり
土産屋にザンバットソードみたいなのがあったりしたのは何だったんだろう。

寅年一発目の今日は『ゴーオンジャー』第21話に登場した
害気目蛮機獣フーセンバンキ。
え?なんでこいつかって?
喋り方が終始寅さんだからさ!
(実際に『フーセンのトラ』と名乗っている)

フーセンバンキは最初有害なガスをたっぷり詰めた風船をタダで配り
適当な所で全部破裂させる。
その際に邪魔に入った警官を空気入れで風船のように膨らませている。
体がよく弾むので打撃系の攻撃が聞かずゴーオンジャーを圧倒。
しかし斬撃には弱いのでナイフを持つゴーオンウイングスに圧倒され
空気の抜けた風船のように吹っ飛び退散。
その後ヒラメキメデスの案によりゴーオンジャーどもの
水先案内ロボであるボンパーを例の空気入れで膨らませ
ビルの屋上に引っ掛ける。
人間大時には対して意味を成さずゴーオンスクリューなる謎の回転アタックを受けて
立て続けにスーパーハイウェイバスター(ボエール)を喰らいどこかに吹っ飛ぶ。
そのあと巨大化。そしていよいよ屋上に引っ掛けた
ボンパーが役に立ってくれるのだ。
そのビルを攻撃することによりエンジンオー、ガンバルオーが
それを守るように仕向け、効率的にダメージを与える。
2大ロボを倒すことには成功したが
人質(ロボ質?)は奪還されてしまったので
もう1体のロボセイクーオーに瞬殺されましたとさ。

武器は風船爆弾とジェット風船なるミサイルみたいな風船。
腹から左腕にかけて装着されている空気入れで
色んなもんを膨らますことが出来る。
空気入れの管は鞭のようにも扱える。


ちなみに声は寅さんのモノマネをしており
本人にも公認された原一平さん。
アフレコの現場に寅さんの服装で現われ
他の出演者を仰天させたと言う。



今日の捨てゼリフ「大したもんだよ、蛙のションベン!プカー!!」





※1ワタクシ、生まれも育ちも害気目です。
※2邪魔者や邪魔な水先案内ロボは風船のように
膨らませて飛ばしてしまいましょう。













それではまた次回。
今年もワタクシ彗星恐竜と当ブログ『赤い彗星ツイフォン』を
よろしくお願いします。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2010-01-02 23:15 | 東映モノ | Trackback | Comments(0)

ゴ・バベル・ダ

c0139460_9483559.jpg
c0139460_9492060.jpg
c0139460_950412.jpg

グギドギグゴパスラゲビボギヅパジャデデゴバベダ
ゾグロ ゴセンガボボグゼロドドログロンギゴゾガヅバゲスゴドボグギゲギキョグリュグゼグ
キョグパ『バレンサギザザクウガ』バギングズゴゴドパパンパバサ
バギングズゴゴドギブグパ(バギジンダギパバギングズゴゴドギブグパボリ)ビドグジョグギダ
ゴ・バベル・ダゾショグバギグス









とまぁこの辺にしとかないと
ここではリントの言葉で話せという
苦情が来ること間違いないので

ここからはリントの言葉(日本語)でお送りいたします。

画像は上が人間体。顔が緑色に見えるのはメイクではなく特殊効果かなんかのせい。
真ん中が格闘体。
1番下が剛力体。
格闘体と剛力体の違いが分かったあなたはすごい。(武器以外で)


バベルはゴの上級怪人の1人。
37話で初登場しゲリザギバスゲゲルを行うため
ジャーザと共にガドル閣下の元にやってきた
革ジャン、ジーパン、赤バンダナとなんともイカしている男である。
(ゲリザギバスゲゲルを行ったときは何故か赤バンダナではなく紫になってる)
閣下とジャーザとバベルが3人で仲良さ気に会話しているところは実にほほえましい。
もっともそれらの会話は大抵
ゲゲルに関するエグイ話なのだが。


彼が行ったゲリザギバスゲゲルのルールは
『地面の下にいるリントを729人殺す』と思われる。
トラックで出入り口に突っ込んで逃げ道を塞いだところを
格闘体のメリケンサックで手当たり次第殴り殺して言ったのだろう。
ちなみにバベルのゲゲルのときドルドが地下街にいたことを考えると
出入り口塞ぐときのトラックに同乗してたものと思われる。

クウガとの戦闘になるとメリケンサックでクウガマイティフォームの肉をえぐるなど
ゴの上級らしい強豪っぷりを発揮。マイティキックを受け胸に封印の紋章が刻まれるも
「キュグキョブンジャリゾロダサグンパボン ゴ・バベル・ダザ」
と高らかに宣言し封印の紋章を消滅させ剛力体に超変身。
カッコよすぎるぜバベル!
剛力体のハンマーはクウガのタイタンフォームの装甲を軽く破るほど強かったが
一条さんの筋肉弛緩弾を受けて弱体化。
ビートゴウラムで山中に輸送され最後は
金のゴウラム合体ビートチェイサーボディアタックで死亡した。
決められ技の名前が長いとか言わない。
(劇中でこういっているので公式設定と言っても過言ではない)

ちなみに大抵のグロンギは2話にわたって活躍しているのに
コイツは42話のAパートのみで
ゲゲルが終了している

よって変身シーンもない大変かわいそうな奴である。
しかもその次の回がクウガの活躍がほとんどないときたもんだ。
バベルを1話で消す意味はあったのだろうか?
どうしても43話のアレをやりたかったのなら
バベル42~43話にかけて活躍させる
       ↓
43話のアレを44話に移す
       ↓
全体的に1話ずらして正月スペシャル最後の30分は
総集編ではなくガドル閣下との決着回を放映する。

↑の流れにすればよかったんではないかと思ってしまうのね。俺としては。



しかし何でコイツは怪人体になったら
髭が生えまくるのか
私には全く分からんのです。
ガドラは人間体時も髭生えまくってたから違和感ないんだがなぁ。






それではまた次回
[PR]
by suisei-kyouryu | 2009-11-22 11:30 | 東映モノ | Trackback | Comments(0)