このブログは日常を書き綴ったり怪獣紹介をしたりQMAで単独正解したことを自慢したりするするやりたい放題のブログです。
by suisei-kyouryu
カテゴリ
全体
日常
ウルトラ怪獣
注意(俺の知り合いの方必見)
東映モノ
自己紹介
俺の趣味、嗜好大全(稀に更新)
夢日記
大映怪獣
東宝怪獣
映画感想
未分類
以前の記事
2015年 03月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
お気に入りブログ
怪獣ブログ
水増せ!明るい家族計画!?
LET‘S GO TO ...
クロマニョン~~
最新のトラックバック
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:平成(金子)版視..
from ガメラ医師のBlog
ガメラ:昭和(湯浅)版視..
from ガメラ医師のBlog
建国記念の日
from YUK'sblog
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


スペースゴジラ

c0139460_9384686.jpg
c0139460_939824.jpg
c0139460_9392297.jpg
c0139460_9394214.jpg
c0139460_9395327.jpg


えー先日学校の古典の先生が、ゴジラやガメラといった
怪獣映画の話を少しされたので
私大変たぎっております。
というわけで、今日は『ゴジラvsスペースゴジラ』に登場した
スペースゴジラを紹介します。
画像は1枚目が顔写真。
2枚目が全体像。この場面で顔がしっかり映ってたら
完璧だったんだけどなぁ。
3枚目が背中。本家ゴジラとの違いがわかる。
4枚目が飛行形態。
5枚目が福岡タワー周辺に展開したバトルフィールド。


このスペースゴジラは、宇宙に出たゴジラ細胞が
宇宙の結晶生命体と融合し、ブラックホールとホワイトホールの
エネルギーを吸収して誕生した存在。だったよね確か。
よって重力を自由に操る能力を持つ。
ちなみに、ゴジラ細胞が宇宙に出る機会は2回あった。
『ゴジラvsビオランテ』では、ゴジラ細胞から生まれた
ビオランテが、光と化して宇宙に去っており、
『ゴジラvsモスラ』では、ゴジラと戦ったモスラが、
ラストで、地球に迫る巨大隕石を破壊すべく宇宙に向かっている。
ただ、『ゴジラvsキングギドラ』で歴史が改変されて、
84年版『ゴジラ』及び『vsビオランテ』に登場した、3代目ゴジラは消えており、
3代目ゴジラの細胞から生まれたビオランテも、存在しないことになっているはずなので
モスラに付着していた、ゴジラの肉片から生まれたという説のほうが正しい気もする。
もっとも、映画で描かれてないだけで、『vsビオランテ』と同様の事件が
『vsキングギドラ』以降に発生しているかもしれないわけだが。


このスペースゴジラは、NASAの宇宙船を結晶で串刺しにしたり、
MOGERAをフルボッコにしながら、地球に到達。
ゴジラとリトルゴジラが住むバース島に着陸。
多彩な能力を使い、ゴジラをフルボッコにした後
なぜかリトルを結晶内に幽閉し、いずこかへ飛び去る。
その後、北海道、山形、東京、神戸などに飛来し、
自身の体から発生する強力な電磁波で、ゲームセンターの
ゲームをバグらせると言った被害を及ぼす。
ちなみに、ゴジラを操って東京を破壊せしめようという
悪い人間達がこの作品に登場するのだが、たまたまスペースゴジラが
そいつらのアジトの真上を通過。ゴジラを操るための装置を故障させ、
図らずしも、悪の野望を叩き潰したのである。
そんなこんなで最終的に福岡に到達し、バトルフィールドを形成し
ゴジラを待つが、先にMOGERAが到着。
強化したMOGERAの攻撃を受けるが、逆にMOGERAを一蹴する。
MOGERAが修復の為、空中に逃亡した後、ゴジラ様の登場。
そのゴジラに、結晶体をミサイルみたいにして飛ばしたり、
念動力的なもので投げ飛ばしたりするが、
結晶体や、福岡タワーからエネルギーを得ていることに気付いたゴジラが
それらを破壊し始める。MOGERAの搭乗者もそのことに気付き、ゴジラをサポート。
福岡タワーが倒壊する。
ただ、福岡タワーなんて、わざわざ土台とか破壊しなくてもゴジラの熱線の一発で
消し飛びそうなんだけどね。

エネルギー供給源を断たれたので、ゴジラとMOGERAにフルボッコにされるスペゴジ。
MOGERAに肩の大きな結晶体まで破壊されて、大ピンチに陥る。
それでもMOGERAを尻尾で突き刺し機能を停止させ、
ゴジラをコロナビームでなぎ倒すという健闘振りを見せるが、
いつの間にやらエネルギーを吸収していたゴジラの赤色熱線を受けて、
MOGERAもろとも大爆発しちゃいましたとさ。


主な武器は、口から発射するコロナビーム。
この光線はスペースゴジラの重力操作の能力で、
自由自在に曲げることが出来る。
他には、光線技を跳ね返すフォトン・リアクティブ・シールド。
結晶体をミサイルのようにとばすホーミングゴースト。
重力操作で敵を持ち上げる、グラビトルネードなど。
爪に宇宙エネルギーを満たし、引っかくことで大きなダメージを与えることが出来る。

ちなみに、福岡をバトルフィールドに選んだ理由は、
福岡タワーが宇宙エネルギーを得るのに最適だったからだそうで。
それだったら、日本一高い東京タワーの方がいいのでは?というか
そもそも日本じゃなくても良いんではないか?

結晶って、綺麗だけど冷たさみたいなのも感じられて
宇宙らしさを表現するにはぴったりだと思うんだよね。
そもそも結晶状の生命体なんて、地球じゃ有り得ないわけで
そこも、宇宙らしさを表現していたと思う。
ちなみに口元がビオランテに似ていて、
飛行形態も上から見るとバラっぽい。













それではまた次回。
[PR]
by suisei-kyouryu | 2011-05-15 11:31 | 東宝怪獣 | Comments(6)
Commented by 特撮コメンテーター at 2011-05-17 21:40 x
酷評する人も多い作品ですが、前作「VSメカゴジラ」で、ラドンが小さくされたり、スーパーメカゴジラのデザインがランドセルを背負ったみたいだったり、と不満が多かったのに対し、この作品はvsシリーズ中最大のスケールで文句なく楽しめました。
メカゴジラの再登場ではなく、モゲラというのもファンの無意識の要求に応えてくれて嬉しかったです。
それに引き換え、ミレニアムシリーズで騎龍編を二回に分けたのはいい加減ウンザリでした。むしろGMKの直接の続編を作る(今度はアンギラスやバランとかも!)とか、GFWをむしろ二回に分けた方が、もっと、ムリ ムラ ムダがなくなって良かったと思います。
Commented by 彗星恐竜 at 2011-05-18 18:38 x
>特撮コメンテーター様

宇宙のゴジラであるスペースゴジラ、
いたるところから結晶体が生えてくる
バトルフィールド生成の様子など、
今までのゴジラになかった要素が多かったと思います。
Gフォースのスーパーロボットとして再登場した
MOGERAは意外性たっぷりだったと思います。

ミレニアムシリーズについては、小学生の頃大好きだったので
正直なところあまり悪く言えないのです。
GMKも当時は楽しんだのですが、今になって考えると
日本を護るキングギドラというのは、なんとも違和感がありますね。
Commented by ネクロコマンド at 2011-05-19 18:07 x
決戦シーンだけなら『VSデスト』より迫力あって好きだったりしますです。
ホーミングゴーストやグラビトルネードで空中も賑やかだったり、ランドモゲラーが地中に潜ったりしたりで空間を生かした演出が映えてますし。
常に明滅してる結晶体や、MOGERAの特攻などのアナログ手法も良い感じに臨場感出てるんですよね。
名怪獣であるスペゴジだけでなく、映像作品としても是非とも再評価されて欲しい所です。

歴史云々に関しては、ブラックホールに飲み込まれた時点で『VSビオ』でのG細胞は歴史改変の影響を受けなかったと勝手に思っております。
BHに飲み込まれる前に、歴史が変わってたらどうすんだって話ですけど(汗)
Commented by 彗星恐竜 at 2011-05-19 18:55 x
>ネクロコマンド様

自分は、スペースゴジラの技の中では
ホーミングゴーストが1番好きです。
結晶体が投下弾の如く、空から降り注ぐシーンは
たいへん美しいと思います。
MOGERAの特攻は、熱い名シーンだと思います。

確かにブラックホールの中だったら、
時間も何もあったもんじゃないですからね。
歴史改変の影響は受けなさそうですね。
Commented by ソイソースの鬼(元 音日子) at 2011-05-23 01:41 x
ツイフォン氏の特撮日記 特にゴジラのモノは読むとその映画を見たくなります(^ω^)

スペースゴジラは、もう10年近く前だけど幼稚園の頃にスーパーのフィギアの食玩で買ってもらったのを何故か良く覚えています。クリスタルの形状の肩が印象的で結構好きなデザインです^^

利用を画策する悪党も善良な市民にも危害を及ぼすところが、凶暴性を表しているというか、何かイイですよねw

長々と失礼しました^^;クウガ日記もお願いしますね(笑)
Commented by 彗星恐竜 at 2011-05-23 16:45 x
>ソイソースの鬼様

私の文章を褒めていただいて、ありがとうございます。
『vsスペゴジ』はそれだけでも面白いのですが、
他のvsシリーズを前もって観ておくと、更に楽しめると思います。

スペゴジの最大の特徴は、あの方の結晶体だと私は思います。
アレがあるからこそ、ゴジラとの差別化も出来ていますし
何より、わかりやすい特徴ですよね。

怪獣は人を差別しませんからね。誰でも被害を
受ける可能性があると言う点では、怪獣は
災害の一種といえるかもしれません。

今のところグロンギの画像は、
ジャーザ、ザザル、バダー、ガメゴ、ベミウの物を持っています。
どれにしましょうか。
<< アニメイトで手に入れた品を自慢... スーパー戦隊大集合な映画の予告... >>